編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

オープンソースDB採用でイノベーションに投資をまわせ--米エンタープライズDB - (page 2)

日川佳三

2016-03-14 07:00

バージョンアップでAudit機能などを強化、より企業向けに

 2016年1月にリリースしたEDB Postgresの新版「9.5」では、より企業の需要に応えたという。特に、セキュリティ、Oracle Databaseとの互換性、性能の3つを強化している。例えば、セキュリティではPCI DSSへの対応などを考慮し、Audit(監査)機能を向上させた。

 EDB Postgres 9.5のベースとなるコミュニティ版のPostgreSQL 9.5も、今回のバージョンアップによって開発生産性、性能、運用面の3つの領域で、それぞれ新機能を追加した。

Principal Sales Engineering EMEAのMark Jones氏
Principal Sales Engineering EMEAのMark Jones氏

 開発生産性を高める新機能の1つがUPSERT機能だ。これ1つで、INSERT(データの追加)とUPDATE(データの更新)を兼ねる。新しいレコードならINSERTし、既にレコードがあったらUPDATEする。「開発者からの要望が大きかった機能」(Principal Sales Engineering EMEAのMark Jones氏)だ。

 運用性を高める新機能の1つがpg_rewind機能だ。HA(高可用性)構成では、本番系(マスター)に障害が発生すると、処理を待機系(スタンバイ)に切り替えるフェールオーバーを実施する。

 本番系を復活させた後は、本番系に処理を戻すフェイルバックを実施する。pg_rewindでは、このフェイルバックを高速化する。これまではフルバックアップのデータを待機系から本番系に戻す必要があったが、pg_rewindでは差分データだけを戻せばよくなった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]