編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

AWSが10周年--これまでの歩みを振り返る

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-03-15 10:28

 「Amazon Web Services(AWS)」が米国時間3月14日に10周年を迎えた。サービス開始当初、AWSはAmazonの奇妙なサイドベンチャーに思えたが、やがて同社で最も多くの利益を生む事業に成長し、自社のデータセンターに対する企業の考え方に変革をもたらした。

 2006年3月14日にAWSの提供が開始されたとき、IaaSは新しいカテゴリだった。SaaSクラウドプロバイダーは多数存在し拡大していたが、インフラストラクチャは概ね未開拓だった。

 それから2年後、AWSに大きな可能性があることを筆者は確信した。AWSはAmazonの小売事業を追い抜くと筆者は予測した。売上高で見るとAWSは小売事業に遠く及ばないが、ランレートが100億ドル近い事業は決して軽んじるべきものではない。Amazonにとってさらに重要なこととして、クラウドサービスの利幅はEコマースを優に上回る。

 AWSの最高技術責任者(CTO)であるWerner Vogels氏は、AWS提供開始後の10年間で学んだ10の教訓を発表した。具体的には、進化可能なシステムを構築すること、不測の事態に備えること、フレームワークにとらわれないこと、自動化すること、APIは永遠であること、自分の使用状況を把握すること、セキュリティを一から構築すること、暗号化が鍵であること、ネットワーキングが重要であること、そして、パートナーの革新を制限しないことだ。

 おそらくこの10年間の最大の教訓は、企業はレガシーインフラストラクチャに足を引っ張られる必要はない、ということだろう。クラウドを利用すれば、企業は機敏に動いて、技術革新を取り入れることができる。AWSは初期の頃から変わらぬ驚異的なペースで新しい機能やサービスを提供することで、身をもってそれを示す道を選択している。

伝統的ITベンダーを突き放すAWS 伝統的ITベンダーを突き放すAWS
※クリックすると拡大画像が見られます

 AWSの10年間に関する主なデータを紹介しよう。

  • 190カ国に100万人のアクティブユーザー。
  • AWSのデータベースサービスの売上高のランレートは10億ドルで、Amazonによる使用はこれに含まれない。
  • AWSの提供開始後、51回の値下げが行われた。
  • 2015年、AWSは722の新サービスと機能を発表した。2011年に発表した新サービスおよび機能の数は80で、2012年にはそれを2倍に増やしている。
  • 「Amazon Simple Storage Service(Amazon S3)」は1秒あたりのリクエストが何百万にも達することがよくある。
  • AWSのアベイラビリティゾーン数は33で、今後1年でさらに11を追加する予定だ。
  • 現在、AWSは70以上のサービスを提供している。
  • 「AWS Marketplace」では、800以上の独立系ソフトウェアプロバイダーが2500のソフトウェアを掲載している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]