編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

両者は共存関係--“新しい風”が吹き付ける金融業界の近未来:テラデータ - (page 2)

鈴木恭子

2016-03-17 08:00

 すでにGoogleやFacebookは銀行業務免許を取得しており、「Facebookの“中”には売り手(お店)と買い手(ユーザー)が存在し、1つの経済圏が構築されている。この中で決済ができれば、ビジネスは完結する。将来的にはクレジット(カード)決済すら必要なくなる可能性もある」(石井氏)

 また、Amazonはサイト内でやり取りされるデータをすべて掌握している。Amazonではそれらのデータを分析し、有望な店舗(企業)に対して融資ビジネスを開始した。こうした状況を踏まえ石井氏は、FinTech系企業の台頭で今後変化する領域として「決済分野」「預金と運用」「デバイスと取引のプラットフォーム」「ビッグデータとBI分析」を挙げている。

 こうしたFinTech系企業に、金融市場は侵食されるのか。石井氏は、「FinTech系企業は金融機関の規制とコア部分の外側で利益を上げているが、金融の核心までは入っていない」と指摘する。

 金融の核心とは、ブランド力と既存顧客ベースで行われている仲介、資金決済、信用創造といった取引だ。また、銀行法などで保護されている部分についても「FinTech系企業は入っていない」(石井氏)という。

 ただし今後は、「新たなチャネルの増加」「革新的な商品サービスとの融合」「インターネットをプラットフォームとした経済の取り込み」「デジタルネイティブ世代など新たな顧客層の流入」といったトレンドが顕著になる。「そうした際には、金融市場全体が拡大していく可能性がある。FinTechと金融機関は融合、補完しあう関係になるだろう」と述べた。

日本テラデータ 金融事業本部 プリンシパル・コンサルタント 渡辺高氏
日本テラデータ 金融事業本部 プリンシパル・コンサルタント 渡辺高氏

コンピューティングリソースの低価格化が追い風に

 金融事業本部プリンシパル・コンサルタントを務める渡辺高氏は、既存の金融機関の強みとして「これまでの顧客データと、その分析から得られた知見」を挙げる。一方、新規参入であるFinTech系企業の“追い風的要因”としては、コンピューティングリソースの低価格化により、アイデア次第ですぐに参入できることを挙げる。

 「(金融市場への)参入障壁が低下し競争は激化した。既存の金融機関にとっては“危機”でもあるが、ビッグデータの活用や分析で、金融機関の強みを拡大できる“機会”でもある」(渡辺氏)

 渡辺氏は、既存の金融機関がビッグデータを活用、分析している事例として、保険の不正請求を検知する「ネットワーキング分析」を紹介した。これは、請求同士のつながりを「1つのネットワークの塊」として分析し、不正の可能性を割り出すものだ。この分析アイデアは以前から存在したが、1000万円の不正を見つけ出すために1億円の投資が必要で、割に合わなかったという。

 渡辺氏は、「計算機能力の向上やデータ収集や保存能力の向上、さらに分析(機械)学習の発展、ノウハウ(分析の知見)の蓄積などで、これまでアイデアベースだったサービスも実現できるようになった。今後はこうしたデータ分析を活用したサービスがさらに充実するだろう」との見解を示した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]