編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

「Windows 10」自動アップデートをオフにするツール「Never 10」が公開

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-03-29 10:32

 ユーザーが望まないのに「Windows 7/8.1」マシンが自動的に「Windows 10」にアップデートされる不満に対して、自動アップデートを回避する新しい選択肢が加わった。

 Gibson Researchの創業者で著名なソフトウェア開発者、Steve Gibson氏が無料のツール「Never 10」を開発した(リンクはPaul Thurrott氏の記事より)。

 Never 10は自動アップデートを無効にするが、ユーザーが選択すれば再度有効にできる。

 「Never 10の優れた点は、何か別のソフトウェアを一切インストールしないことだ。ユーザーに代わって必要なシステムの編集を迅速に行う」とGibson氏は説明している。

 Windows 10アップデートを無効に設定する方法もあるが、これにはレジストリの編集が必要で、”普通の”ユーザーをターゲットとしたものではない。

 Windows 10のアップデートをブロックするツールとして、すでに「GWX Control Panel」が公開されている。

 Microsoftは計画通り、Windows 7/8.1のユーザーに対しWindows 10を推奨アップデートとしてプッシュしている。推奨される更新プログラムを自動アップデートするよう設定していた多数のユーザーが、マシンがWindows 10にアップデートされた(またはされかかっていた)ことを知って驚いていた(ユーザーはソフトウェア使用許諾契約に同意しなければWindows 7/8.1に戻ることができ、Windows 10がインストールされた後も30日間は戻ることができる)。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]