編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
調査

企業で急速に普及する「Windows 10」--その理由は

Nick Heath (TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2016-02-15 06:30

 企業における「Windows 10」の導入は、「Windows 8」よりもはるかに速いペースで進んでいる。

  プロフェッショナル向けのネットワーキングサイトSpiceworksの調査によると、Windows 10のリリースからおよそ6カ月が過ぎた時点で、企業の5社に1社近くとなる18%がこの新OSを試用しているという。これに対して、Windows 8はリリース後6カ月の時点で9%強に過ぎなかった。


提供:Spiceworks

 少なくとも1台のWindows 10マシンを使っている企業の比率に関するこの匿名データは、Spiceworksのソフトウェアを利用している数百万人のITプロフェッショナルから収集された。Spiceworksによると、あらゆる規模の企業が同社のソフトウェアを用いて、社内ネットワークに接続されているデバイスの状況を管理しているという。

 企業におけるWindows 10の導入ペースが今までのWindowsよりも速いというデータは、IT資産管理を手がけるSamanageの調査でも裏付けられている。Samanageが米ZDNetに述べたところによると、同社の企業顧客の62.4%が少なくとも1台のWindows 10搭載PCを保有しているという。これら企業の規模は大きく、同社の企業顧客が抱える従業員数を平均すると1000人を超えるという。またMicrosoftも、同社の企業顧客の76%がWindows 10を試験的に導入していると述べている。

 SpiceworksのITアナリストであるPeter Tsai氏は、Windows 10の導入ペースがWindows 8よりも速い理由について、「われわれのデータによると、なじみあるスタートボタンがWindows 10で復活し、Windows 8で避けて通れなかったエンドユーザー教育の問題が減少した点をITプロフェッショナルたちは最も評価している」と述べている。

 「多くのITプロフェッショナルは、『Windows Update』経由の無償アップグレードにより、簡単に新OSを試用できるようになっている点も評価している。さらに彼らは、Windows 10を今までのOSよりもセキュアなものにするという新たなセキュリティ機能にも期待を抱いている」(Tsai氏)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]