編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
海外コメンタリー

「Windows 10」向け最強ブラウザ決定戦--各ベンチマークの結果は?

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-01-28 06:15

 旧バージョンの「Windows」であれば、現時点で最強のブラウザは「Google Chrome」だろう。しかし、Windows 10のブラウザ事情はまったく異なる様相を呈している。

 Windows 10では新たな選択肢が用意された。Microsoftが「Internet Explorer」に代わるブラウザとして新たに開発した「Edge」である。Edgeは、現時点ではWindows 10でのみ利用できる。しかしMicrosoftが先日、EdgeのJavaScriptエンジン「ChakraCore」をオープンソース化したため、Windows 7、8、8.1用のEdgeが間もなく登場する可能性がある。しかも、MicrosoftはChakraCoreを「Ubuntu Linux」にも移植する計画を発表している。

 前回、Windows 10用ブラウザの比較テストを実施したのは2015年6月のことで、Windows 10とその搭載ブラウザはまだ後期ベータ版の状態だった。その後、Windows 10は正式にリリースされ、大幅にアップグレードされた。今回の比較テストはWindows 10のバージョン10586.63で実施した。これは2016年1月中旬の時点で最新のバージョンである。

 使用したPCは「ASUS CM6730」。このデスクトップPCは、CPUに第3世代のIntel Core i7-3770(3.4GHz)、グラフィックカードにNVIDIA GeForce GT 620、そして8GバイトのRAMと1テラバイトのハードディスクドライブを搭載している。

 このPC上で、Edge 25とInternet Explorer 11に加え、現時点で広く普及しているブラウザの最新バージョン(本稿執筆時点)をテストした。すなわち、Chrome 49、Firefox 43、Opera 34である。今回のテストにSafariは加えなかった。理由は、AppleがWindows用Safariのメジャーバージョンアップを終了したからだ。とはいえ、同ブラウザのセキュリティ更新は今後も継続される予定である。

 それでは、主要ベンチマークにおける各ブラウザの成績をみていこう。

 JetStream 1.1」: このJavaScriptベンチマークは、サポートが終了した「SunSpider」をベースに開発されたものである。多種多様なJavaScriptベンチマークを実施したうえで、各ベンチマークのスコアを統合し、全体のパフォーマンスを示す単一のスコアを算出する。JetStreamには、JavaScriptベンチマークスイートである「SunSpider 1.0.2」と「Octane 2」のベンチマークが統合されている。また、オープンソースプロジェクト「LLVM Compiler Infrastructure」のベンチマークを、「Emscripten 1.13」でJavaScriptにコンパイルしたベンチマークも統合されている。さらに、オープンソースプロジェクト「Apache Harmony」の「HashMap」をベースにしたベンチマークと、「CDx」のリアルタイムJavaベンチマークを手動でJavaScriptに変換したベンチマークも統合されている。JetStream では、数値が高いほど優秀なスコアを示している。

 ベンチマークの結果、Windows 8.1までのWindowsではChromeが独走状態だったが、Windows 10で1位に輝いたのは231.78ポイントのEdgeだった。以下、196.86ポイントのChrome、186.29ポイントのOpera、182.46ポイントのFirefoxと続く。ちなみにInternet Explorerは133.07ポイントと、他のブラウザに大きく水をあけられる形となった。

 Kraken 1.1」:このベンチマークはJetStreamと同じく、サポートが終了したSunSpiderをベースに開発されており、JavaScriptのパフォーマンスを測定する。この基本的なJavaScriptベンチマークには、ブラウザの典型的な使用例を想定したテストが追加されている。FirefoxのMozillaが開発したこのベンチマークでは、数値が低いほど優秀なスコアを示している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]