編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性
海外コメンタリー

「Windows 10」向け最強ブラウザ決定戦--各ベンチマークの結果は? - (page 2)

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-01-28 06:15

 KrakenではJetStreamと異なる結果が出た。このベンチマークで1位に輝いたのは1009.8ミリ秒(ms)のChromeだった。Operaは1037.0msでChromeの後塵を拝した。3位は1052.5msのEdge。このベンチマークを開発したMozillaのFirefoxは、なぜか4位となった。Internet Explorerについては、1826.7msと大差をつけられて最下位だった。

 Octane 2.0」: Googleが開発したこのベンチマークには、現代の高度にインタラクティブなウェブアプリケーションのテストが含まれている。OctaneはChromeに特化したベンチマークではない。たとえば、Microsoftの「TypeScript」のコンパイル速度も測定できる。このベンチマークでは、数値が高いほど優秀なスコアを示している。

 Googleが開発したベンチマークにもかかわらず、1位に輝いたのは3万6544ポイントのEdgeだった。Chromeは3万3926ポイントで2位につけた。3位は3万1339ポイントのFirefox。Operaは2万7736ポイントで4位となった。Internet Explorerは残念ながら1万7571ポイントで、兄弟分であるEdgeの半分にも満たないスコアだった。

 RoboHornet」: このベンチマークはJavaScriptだけに特化したものではなく、「ブラウザのパフォーマンスを多種多様な側面から測定し、レイアウトやローカルストレージなど、ウェブ開発者が重視するすべての要素がテスト対象となる」とうたっている。このベンチマークでも、数値が高いほど優秀なスコアを示している。

 ベンチマークの結果、175.73ポイントのChromeが逃げ切り1位を飾った。Operaは165.13ポイントと健闘し、2位となった。そしてInternet Explorerが117.78を記録し、ようやく一矢を報いて3位につけた。4位は115.13ポイントのFirefox。意外にも、Edgeは102.23ポイントで最下位となった。

 HTML5 TEST」: 最後に、各ブラウザで最新のウェブ標準であるHTML5のコンパイル性能をテストした。このテストは、いわゆるベンチマークではない。代わりに、使用中のブラウザがHTML5標準をどれだけ正確に再現できるのかをテストする。満点は555ポイントだが、どのブラウザも満点は獲得できなかった。

 結果は、521ポイントのChromeが、520ポイントのOperaをわずか1ポイント差で振り切り、1位に輝いた。続いて、468ポイントのFirefoxが3位、453ポイントのEdgeが4位となった。そしてInternet Explorerは343ポイントと、ここでも最下位に終わった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]