編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

HPE、不揮発性メモリ搭載「ProLiant Gen9」サーバを発表--インテルの新チップも搭載

Danny Palmer (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-04-01 10:50

 Hewlett Packard Enterprise(HPE)は米国時間3月31日、停電時にもデータを保持できる「不揮発性メモリ」を搭載した新たなプラットフォームを発表した。通常のメモリと同じ速度で動作しつつ、機器への電力供給が絶たれてもデータを保持し続けられる記憶装置を搭載したサーバを実現する。

 HPEの欧州・中東・アフリカ(EMEA)地域のProLiantサーバ担当マネージャーRichard Slyfield氏によると、パフォーマンスや復元性という観点から見た場合、このテクノロジには、PCIe接続のSSDといった既に利用可能な類似の永続的なメモリと比べると「極めて大きな利点」があるという。

 HPEの不揮発性メモリ「HPE 8GB NVDIMM」(Non-Volatile Dual In-line Memory Module)は、8GバイトのDRAMと8Gバイトのフラッシュメモリを組み合わせたものだ。停電時には、DRAM上に格納されているデータがフラッシュメモリにバックアップされる。

 同製品を搭載するHPEのサーバには、バックアップ電源として「HPE Smart Storage Battery」も搭載される。

 この不揮発性メモリは、「HPE ProLiant」サーバ向けの最速の記憶装置になる。HPEのベンチマークによると、同社のNVDIMMはSAS接続のSSDと比べると、1秒あたりの入出力(IOPS)で34倍、帯域幅で16倍という。

 HPEは同時に「ProLiant Gen9」サーバ製品ラインの拡充も発表した。「Intel Xeon E5-2600 v4」プロセッサ搭載モデルは、処理能力が25%向上したという。

 ProLiant Gen9サーバや関連ソリューションはHPEのチャネルパートナーを通して、提供が始まっている。HPE 8GB NVDIMMは5月に利用可能となり、当初は「Intel Xeon E5 2600 v4」プロセッサを搭載した「HPE ProLiant DL360 Gen9」サーバと「HPE ProLiant DL380 Gen9」サーバでサポートされるという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]