編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

AWSは100億ドル事業へ--発明と失敗の重要性を説くベゾスCEO

Liam Tung (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-04-07 10:48

 Amazonの最高経営責任者(CEO)Jeff Bezos氏によると、Amazon Web Services(AWS)は過去のAmazonよりも速いペースで成長しており、Amazonの同じ時期と比べると大きな事業になっているという。

 Bezosは株主宛の年次書簡で、立ち上げから10年、AWSは年商100億ドルに達しつつあると記している。AWSは2016年に100億ドルの大台に到達することが見込まれており、投資家や短期的な利益よりも顧客を優先してフォーカスしていくとBezos氏は強調している。

 Amazonは直近の第4四半期で、AWSの売上高が24億ドルに到達したと報告しており、同四半期の売上高を単純に4倍すると年間の売上高は96億ドルとなる。AWSはここ数年目覚ましい成長率を遂げており、わずか2年前の売り上げは50億ドルにすぎなかった。Microsoft、おそらくGoogleのほかは、クラウドコンピューティング分野でリーダーとしてのAmazonに対抗できる企業はほぼないという状態だ。

 しかし、Amazonは収益性で厳しい批判を受けており、「Amazon Fire Phone」など失敗もあった。

 Bezos氏は収益とプロジェクトの失敗の両方を擁護し、大きなものを目指した賭けをして失敗と挑戦を繰り返しながら、AWSにより回収できるとした。

 実際、AWSの営業利益は第4四半期に6億8700万ドルとなり、2014年通年の数字を上回った。米国で10年前にクラウドストレージサービスとして事業を開始して以来、世界22のリージョンで33のアベイラビリティゾーンを展開しており、Bezos氏は今後さらに拡充していくとしている。AWSは2015年の1年間で722種類の新機能を追加している。

 「失敗するのにはAmazonは世界でもベストな場所であり、失敗と発明は分離できない対の関係だ」とBezos氏は述べた。

 AWSのデータセンターにおける持続可能なエネルギーの利用は2015年、全体の25%に達しており、2016年末には40%になる見込みだという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. セキュリティ

    脱「PPAP」に活用できる Microsoft 365 の機能をまとめて紹介

  3. コミュニケーション

    マンガで解説、失敗するグループウェア導入の3つの理由とは?導入効果を高める「使いたくなる工夫」

  4. 経営

    いまさら聞けないクラウドインフラの基本ー初級技術書の定番 IaaS for dummies公開中

  5. コミュニケーション

    機能とコストを徹底比較、ニューノーマル時代の企業を支える最新グループウェア5製品の違いとは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]