編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

オラクルの「HCM Cloud」に新機能--ヘルプデスクアプリの追加など

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-04-08 10:17

 Oracleは米国時間4月6日、SaaS型人材管理システム「Oracle Human Capital Management Cloud」(Oracle HCM Cloud)に対する一連のアップデートを発表した。

 その1つが「Oracle HR Help Desk(HRHD)Cloud」だ。このヘルプデスクアプリケーションは、人材に対する全方位的な可視性を高めるとともに、人事リソースへのよりユーザーフレンドリーなポータルを人事担当者に提供する。

 HCM Cloud内でネイティブ開発されたHRHD Cloudは、HCM Cloudと同じワークフローやアナリティクス機能、ソーシャル機能、ユーザーインターフェースを備えるとともに、複雑な問題の解決に向けた包括的なケース管理機能やエスカレーション機能も備えている。

 またHCM Cloudには「My Volunteering」と呼ばれるポータルも追加される。これを使うことで、従業員はボランティアの機会を検索できるようになる。

 さらに同社は、従業員教育用クラウド「Oracle Learning Cloud」への機能追加も発表した。2015年3月に発表されたこのクラウドは、技術的にはHCM Cloudの一部であり、HCM Cloudは同社が持つ汎用の「Oracle Cloud」の一部となっている。

 Learning Cloudは、コンテキストに応じた学習機能や、ソーシャルな学習機能も備えており、ユーザーは仕事の種類やスキルに応じてレコメンデーションを受けながら、リアルタイムで学習できる。

 Learning Cloudは今回のアップデートにより、学習コンテンツを業務プロセスのコンテキストに埋め込めるようになる。また、オフラインでも使えるモバイルアプリも追加され、インターネットやブロードバンド接続が利用できない状況での学習も可能になる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]