オラクル、定例パッチを公開--Javaなど49製品の脆弱性136件を修正

Charlie Osborne (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2016-04-21 10:29

 Oracleの最新パッチアップデートが米国時間4月19日、リリースされた。このアップデートには、さまざまなOracleソフトウェアの脆弱性に対する136件の修正が含まれている。

 同社のセキュリティアドバイザリによると、4月のCritical Patch Updateには、「Oracle Database Server」「Java SE」「MySQL」「Solaris」など計49製品のセキュリティに関する修正が含まれるという。

 Oracleが旧式のCVSS 2.0評価システムではなくCVSS 3.0を使ってパッチアップデートをリリースするのは、今回が初めてだ。

 Oracleのセキュリティリリースには、Oracle Database Serverにある5件の脆弱性に対する修正が含まれている。そのうち2つは、認証なしでリモートから悪用されるおそれがある。

 さらに、同社は「Oracle Fusion Middleware」の22件の脆弱性を修正した。そのうち21の脆弱性は、認証なしでリモートから悪用されるおそれがある。

 エンタープライズソフトウェア企業のShavlikが指摘したように、今回のアップデートで修正された最も古い脆弱性「CVE-2011-4461」は、2011年に発見されたものだ。

 Oracleは3月、Java SEの緊急パッチをリリースし、攻撃者にユーザー認証なしでリモートからコードを実行される脆弱性を修正した。この脆弱性を悪用されると、システムを乗っ取られて、データを盗まれるおそれがあった。

 Oracleの次回のCritical Patch Updateは、7月19日にリリース予定だ。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]