編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

理工系学生の上位層は極めて優秀--ベトナム産業を支える人材養成(1) - (page 2)

古川浩規(インフォクラスター)

2016-05-02 07:30

理工系学生の上位層は極めて優秀

 一方、ハノイやホーチミンなどの各都市で拠点となる国立大学の理工系学部には、高校入学前からの選抜に勝ち残ってきた優秀な若者が多く在籍しています。ベトナムでは日本の「スーパーサイエンスハイスクール」をはじめとする特定の高校への重点化施策のように、各省(日本の都道府県に相当)に一つ程度ずつ成績優秀者が進学する特別の高校があり、数学科、英語科といった各専攻で分野に特化したエリート教育を受けるケースもあります。

 優秀な若者を早い段階から選抜し、スペシャリストとして育てていくため、これらの高校を卒業して国内のトップレベルの大学に進学してきたベトナム人学生の優秀さは容易に想像できます。入試の仕組みや願書の提出方式が日本と異なるため競争率は一概に比較できませんが、一学年の規模が100~200人程度のため狭き門であることは間違いありません。

 大学における研究室のレベルも決して低くはなく、研究室訪問を行うと「このプロジェクトは、A国のある企業との共同研究でこの後の工程はA国での製造に回されます」「このプロジェクトは、Bという海外企業とのベトナムにおける共同研究で、本年の後半には実運用が開始されます」といった話がいくつもあります。

 実際に、日本以外の各国からの寄付講座や研究室への投資は少なくなく、海外の政府機関による政策的な投資もあるようです。さらには、博士号取得者のプロジェクトへの配属数といった面でも日本の大学より良い場合もあり、訪問した日本の教員が「本学よりも良い環境かもしれません」と話していました。

 ただ、ベトナム政府からは、「すぐに実用化できるものを」という要請が強いとも聞いています。ベトナムが国家戦略として工業化戦略を定め、国家として工業力をつけようとしている以上当然なのかもしれません。日本以上に産学連携が進んでいるとも言えますが、一方で、「大学の自治」「研究者の自由な発想による基礎研究の充実」という点では、日本とは状況が異なっていると言えるでしょう。

画像
古川 浩規
インフォクラスター
内閣府及び文部科学省で科学技術行政等に従事したのち、平成20年に株式会社インフォクラスター、平成22年にJapan Computer Software Co. Ltd.(ベトナム・ダナン市)を設立。情報セキュリティコンサルテーション、業務系システム構築、オフショア開発を手掛けるほか、行政書士として日系企業のベトナム進出などの支援業務も行っている。資格等:国立大学法人電気通信大学 客員准教授(研究推進機構 研究推進センター 国際連携推進室)、日本セキュリティ・マネジメント学会正会員、情報セキュリティアドミニストレータ、財団法人 日本・ベトナム文化交流協会 理事など。2016年4月に行政書士事務所を開設。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]