Linux Foundation、「Hyperledger Project」の責任者にB・ベーレンドルフ氏を起用

Steven J. Vaughan-Nichols (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-05-20 11:45

 Linux Foundationは米国時間5月19日、「Hyperledger Project」のエグゼクティブディレクターとして、著名なプログラマーであり、業界のリーダーでもあるBrian Behlendorf氏を起用したと発表した。Hyperledger Projectは、ブロックチェーン技術(Bitconを支える重要な技術)に基づきオープンで分散型の企業向け台帳プラットフォームを制定、構築、維持していくためのプロジェクトであり、IBMやIntel、Accentureをはじめとする多数の企業や金融機関が参加している。

 同プロジェクトは2015年12月に設立された。狙いは、中央集権的でなく、共有され、透明性の高い分散台帳テクノロジの共通規格を生み出すというものだ。こうしたテクノロジは金融分野のアプリケーションにとって最適であるとともに、製造業や銀行業、保険業、IoTといったさまざまな分野への応用も期待できる。業界をまたがった、分散型台帳のオープンな規格を制定することで、不動産契約書やエネルギーの取引、結婚許可証といった、価値あるもののデジタルでの交換を追跡、取引できるようになる。

 Behlendorf氏は、テクノロジ分野のプロフェッショナルにはおなじみだろう。同氏はApacheウェブサーバの開発責任者を務めたことがあり、Apache Software Foundationの創立メンバーの1人でもある。また同氏はCollabNetの創立者兼最高技術責任者(CTO)や、世界経済フォーラムのCTOを務めていたこともある。最も最近では、世界的なテクノロジ投資会社であるMithril Capital Managementのマネージングディレクターを務めていた。なお同氏は現在、電子フロンティア財団(EFF)の役員も務めている。


Brian Behlendorf氏
提供:The Linux Foundation

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]