編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

B2Bマーケティングではウェブ施策にシフトの傾向--ITR調査

NO BUDGET

2016-05-25 12:27

 ITRは、5月24日、マーケティング関連製品および施策のユーザー調査の結果を発表した。

 今後強化、注力したいマーケティング施策として「SEO」が19.5%と最も高くなり、「セミナーの開催/展示会への出展」が9.9%、「アフィリエイト広告」が9.0%と続いた。

今後最も強化・注力したいマーケティング施策
今後最も強化・注力したいマーケティング施策(単一回答)(ITR提供)

 調査結果を、回答企業でのマーケティング業務がBtoB向け、またはBtoC向けの基準で分類すると、トップの施策はBtoB、BtoCともにSEO、2番目はBtoB向けではセミナーの開催/展示会への出展、BtoC向けでは「メール・マーケティング」となった。

BtoB、BtoC別に見る今後最も強化したいマーケティング施策
BtoB、BtoC別に見る今後最も強化したいマーケティング施策(単一回答)(ITR提供)

TechRepublic Japan関連記事

 最も差が大きかったのはメール・マーケティングで、BtoC向けでは14.7%と1位のSEOとあまり差のない高い値となっている。しかし、BtoB向けでは同施策は10ポイント以上開き、4.3%となっている。

 ITRは、スマートフォンなどの普及と利用度の高さにより、BtoCでは依然としてメールを使用したマーケティング施策が重視されていると指摘。BtoBでは、メールマーケティングはソーシャルマーケティングを下回る一方で、アフィリエイト広告、LPO、LFO、ウェブメディアへの記事広告出稿など、全体としてウェブを中心とした施策を重視する傾向にあるとしている。

 今回の調査は、従業員数100人以上のSFAおよびマーケティング関連製品の導入に積極的な国内企業で、自社のそれら製品導入での意思決定に関与する人を対象にしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]