編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

シトリックス、「XenApp」「XenDesktop」のバージョン7.9など新製品を発表

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-05-25 12:16

 Citrixは米国時間5月24日、「XenApp」および「XenDesktop」のバージョン7.9をリリースすることを発表した。ラスベガスで開催されている同社の年次イベント「Citrix Synergy」で明らかにされた。

 これらの製品の一般提供は2016年6月上旬の予定で、拡張された認証機能が追加されたほか、グラフィックのサポートや印刷機能も改善されている。

 同社はまた、「NetScaler Management and Analytics System」(NMAS)と呼ばれる新たな管理プラットフォームを導入する。Citrixの説明では、このプラットフォームは、複数のデバイスやアプリケーションのポリシー管理を集中的に行うよう設計されている。

 XenAppおよびXenDesktopのバージョン7.9には、セキュアなシングルサインオン(SSO)機能と、最適化されたイメージ集中管理機能が追加される。SSOが追加されることで、XenAppとXenDesktopのユーザーは、すべての仮想アプリとローカルアプリで同じ認証方式を利用できるようになる。

 グラフィックスに関しては、Citrixのすべてのアプリケーションおよびデスクトップ仮想化スイートで、Intelのグラフィックステクノロジ「Iris Pro」がサポートされた。最新リリースの「XenServer 7」でもグラフィックス関連の機能が強化されている。XenServer 7には、新機能「Direct Inspect API」、Microsoft Windows環境のサポート強化、Linux仮想マシンでのNVIDIAのvGPUのサポートなどが追加されている。

 また、「Machine Creation Services」(MCS)を利用したXenAppとXenDesktopのイメージ集中管理の最適化によって、仮想サーバに必要とされるストレージを減らすことが可能になっている。

 モバイル関連では、同社の「XenMobile」プラットフォーム(最新版はバージョン10.3.5)に、証明書ベースの認証方式や「TouchID」を利用した、パスワード不要のエンタープライズ向けモバイル管理機能が追加されている。また、XenMobile 10.3.5では、コンテナテクノロジである「Citrix MDX」と「Samsung KNOX」の連携も強化されている。

 Citrixのウェブおよびアプリケーション配信コントローラである「NetScaler」では、NMASによって、単一のプラットフォームからサービスの自動化とリアルタイムアナリティクスが可能になる。

 Citrixによれば、NMASを利用することで、IT管理者のトラブルシューティングが容易になり、アプリケーションの問題を監視するのに必要な時間が短縮されるという。

NetScaler Management and Analytics System(NMAS)

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]