ギガバイト単価1ドル切るオールフラッシュストレージ--ピュア・ストレージ

NO BUDGET

2016-05-26 10:21

TechRepublic Japan関連記事

 ピュア・ストレージ・ジャパンは5月24日、オールフラッシュストレージプラットフォーム「Pure Storage FlashBlade」の販売を開始すると発表した。

 Pure Storage FlashBladeは、1ドル/GB未満からの低価格で数ペタバイト規模のデータセットにオールフラッシュのパフォーマンスを提供する。汎用ハードウェアに、独自のソフトウェアと高密度のパッケージを組み合わせたアーキテクチャ上に構築しており、ハイパフォーマンス、拡張性、高密度、高効率を兼ね備えている。

 ビッグデータのようなデータ活用が加速する中、大容量の非構造化データの重要性が認識されるようになっている。だが、NASファイラやスケールアウトNASなど従来型の製品は、データ規模が大きい場合は依然として低速なのが現状という。そのため、大量のデータ全体を効率良く処理できる新たなタイプのストレージプラットフォームにニーズがある。

 Pure Storage FlashBladeのハードウェアとソフトウェアはすべてピュア・ストレージが独自に開発した製品で、以下の3つの基本要素で構成されている。

  • ブレード:Pure Storage FlashBladeのスケールアウトの中核的な要素である各ブレードは、データやメタデータの処理に必要な演算能力、ストレージの未処理のNANDフラッシュ、未保存の書き込みに対する電力安全保護機能のためのNVRAMを備えている。ブレードは超高密度かつ低電力に設計されており、8TBと52TBの容量がある。
  • 独自ソフトウェア「Elasticity」:すべてのブレードにおいて分散形式で実行される「Elasticity」は、Pure Storage FlashBladeの中心的なソフトウェアで、システム共通のオブジェクトストア、ストレージサービス、スケールアウトプロトコルサービス、低レベルフラッシュ管理、低密度パリティ検査符号(LDPC)によるエラー訂正を実行する。
  • Elastic Fabric:Pure Storage FlashBladeには、ソフトウェア制御された40GB/秒の低レイテンシ内蔵型Ethernetネットワークが含まれている。Elastic Fabricは、ブレード間接続、シャーシ相互接続、クライアント接続をソフトウェア制御のQoSによって単一のネットワークに統合し、トラフィックの適切な優先順位付けを可能にする。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]