編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

三菱電機など、混雑をリアルタイムに予測する技術開発--カメラ映像から算出

NO BUDGET

2016-08-22 12:48

 三菱電機は8月18日、イベント会場と最寄駅などを結ぶ経路の混雑状況を予測する「リアルタイム混雑予測技術」を開発したと発表した。東京大学の西成研究室と共同で開発した。

 従来技術は、記録媒体から過去の人の流量を把握して予測していたのに対し、新しく開発した技術では監視カメラからのリアルタイム映像で予測。予測精度も従来の約50%から今回は約80%に向上できるという。

リアルタイム混雑予測技術のイメージ(三菱電機提供)
リアルタイム混雑予測技術のイメージ(三菱電機提供)

TechRepublic Japan関連記事

 今回、現在の人の流量を用いて予測する「高速群集移動シミュレーター」を開発した。三菱電機によると世界初という。監視カメラ映像からリアルタイムに算出した人の流量を都度シミュレーターに与えることで、実際の混雑状況に対して約80%の高精度な混雑予測を実現するとしている。シミュレーターには西成研究室が開発した「高速群集移動モデル」を採用して計算量を削減し、高速に処理できると説明する。

 混雑リスク発生箇所をリアルタイムに予測することで迅速かつ的確な混雑解消対策が可能と説明。事件や事故など不測の事態が発生した場合でも、現状に即した予測に基づき回避経路を設定できるため、来場者の安全安心の確保に貢献するという。警備作業の効率化による大規模イベントの人件費などのコストも削減できるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]