編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
海外コメンタリー

絶滅か転生か--未来のPCを待ち受ける5つの運命 - (page 2)

Steve Ranger (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-06-09 06:00

 Appleの最高経営責任者(CEO)であるTim Cook氏は、「なぜ今更PCを買うのか、正直なところその理由が分からない」と語った。そしてPCの市場は、彼の疑問に的確な回答を示すことができなかった。

 とはいえ、2016年も2億3200万台の出荷が見込まれているPC市場は、決して死んだわけではない(実際、この記事もPCで執筆しているし、企業のオフィスはPCに残された最後の牙城だ)。PCは絶滅しない。しかしPCが生き残るためには、変化を避けては通れない。それはPCベンダーもしかりだ。

 今日のPCは数十年前のPCから大きく変化している。当時、フロッピーディスクを搭載するベージュ色の箱だったPCは、今日ではスリムなラップトップに姿を変え、ディスプレイとキーボードを分割するなど、必要に応じて形態を変えることさえ可能になった。そして今後、さらなる変化の波がPCに訪れようとしている。

 今後の数年でPCに訪れる可能性の高い変化を幾つか紹介しよう。

Microsoftの「Surface 3」
Microsoftは「Surface」でPCの未来に対するビジョンを提示した。
提供:Microsoft

1. 利益率の追求。Gartnerによると、PC市場全体が縮小傾向にある中で、「ウルトラモバイル」と呼ばれるカテゴリだけは成長を示している。したがって今後は、このカテゴリを追求する高価で高機能なハイブリッドデバイスが数多く登場するだろう。アナリストは、高価なウルトラモバイルの市場規模が346億ドルに達すると予測している。これは2015年に比べて16%も成長することを意味しており、ウルトラモバイルは3年以内にPC市場で最も採算性の高いカテゴリへと成長する可能性がある。その理由は、ウルトラモバイルの利益率にある。500ドル前後の安価なラップトップの場合、利益は5%の25ドルに過ぎない。しかし1000ドルの高性能ウルトラモバイルPCであれば、利益は25%の250ドルに達するとされている。

2. ゲーミングPCへの注力。1と同じ利益率の理由により、PCベンダーはゲーミングPCに注力を始めている。年間出荷台数は数百万台と、市場全体から見れば矮小なカテゴリではあるが、ゲーミングPCの価格はエントリーモデルでも850ドル前後と高価で、プレミアムモデルともなれば優に1500ドルを超える。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]