「IoTで重要視すべきは現場でのデータ処理とセキュリティ」--シスコ新CEO

日川佳三

2016-06-10 10:53

 「IoE(Internet of Everything)時代には、デバイスがデータを持つ。現場で得られた知見に基づいて迅速に意思決定するようになる。こうした時代には、デバイスのセキュリティが最優先の課題になる」--。


米Cisco Systems、最高経営責任者(CEO)のChuck Robbins氏

 米Cisco Systemsの最高経営責任者(CEO)、Chuck Robbins氏は6月9日、シスコシステムズが都内で開いた会見に登壇し、テクノロジによってユーザー企業のビジネスがどう変わるかを説明した。2015年7月付でCEOに就任してから初めて国内で会見した。

 Chuck氏は、これからIoE(とIoT)の時代が、つまり工作機械や自動車、家電などあらゆるデバイスがネットワークにつながる時代がやってくると説明。IoE(とIoT)では、デバイスが接続されることによって新しい知見が生み出される。この知見がビジネスの価値になるとした。

 ただし、IoEでは大量のデータが生まれるので、中央で一元的にデータを集約するリポジトリの時代ではなくなる。データはエッジにも存在するようになる。「工場であれば、製造現場に近いところでデータが処理されなければならない」(Chuck氏)。このため、セキュリティが重要になるという。

 Chuck氏によれば、テクノロジは従来、企業の戦略を実行するための手段に過ぎなかった。現在では状況が変わった。テクノロジが事業の違いを作るようになった。「UberやAirbnbなどの成功事業は、テクノロジありきだ」(Chuck氏)。

 テクノロジがビジネスを推進するという流れは、シリコンバレーだけでなく、世界中に波及するという。「競争力をどこから生み出すのか、テクノロジをいかに使いこなすかで勝者が決まる時代がくる。次の10年間で、Fortune 500の4割は消滅するかも知れない」(Chuck氏)。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]