編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

マイクロソフト、「Minecraft」でAIを育成する「Project Malmo」をオープンソース化

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-07-11 10:25

 Microsoftは米国時間7月7日、人工知能(AI)システム「Project Malmo」をオープンソース化したと発表した。

 これによって、プライベートプレビュー段階にあったProject Malmoは、少数のコンピュータ科学者の手を離れ、オープンソースプロジェクトのコードリポジトリであるGitHubにその拠点を移すことになった。

 Project Malmoは、「Minecraft」というゲームの世界でAIのアルゴリズムをテストするためのAIシステムだ。

TechRepublic Japan関連記事

 かつて「Project AIX」と呼ばれていたこのプラットフォームは、ロボットを構築せずともコマンドや物理的な対象の理解をテストできるようにすることで、AIプログラミングの安価かつ効果的なテスト手法を新興企業に提供するという目的で開発された。

 このプラットフォームの主な目標は汎用AIのリサーチを加速させるというものだ。こういったAIには教育用の学習型エージェントのほか、会話や意思決定、複雑なタスクの遂行といったものも含まれる。英国のケンブリッジにあるMicrosoftの研究所のリサーチャーKatja Hofmann氏によると、Project Malmoは「強化学習」にも応用できるという。強化学習とは、AIエージェントが試行錯誤を重ねながら、最適な決定を選択した際に最も多く報酬が得られるような方法を学習することで、タスクの完遂方法を学ぶというものだ。

 Hofmann氏は「われわれは、人々がリサーチ上の極めて難しい疑問の解決に向けて進んでいけるようにするためのツールを生み出そうと取り組んでいる」と述べた。

 Microsoftは、今回のオープンソース化に伴い、ボット同士や人間とのやり取りができるボットの作成を可能にする新機能も追加している。リサーチャーらは、Minecraftという世界における時間の流れを速めることで、実験のペースを高速化できるようにもする計画だ。

 Project Malmoは、Minecraftの世界の中で活動するAIエージェントを支援するためのJavaのMODとコードから構成されており、「Windows」やLinux、「OS X」上で動作する。

 Project MalmoはGitHubからダウンロードできる。


提供:Scott Eklund/Red Box Pictures

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム

  2. コミュニケーション

    PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?

  3. クラウドコンピューティング

    【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは

  4. セキュリティ

    セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る

  5. セキュリティ

    SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]