海外コメンタリー

好調続くAWS、選ばれる3つの要因--アマゾンCFOが語る

Matt Asay (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子 2016年08月05日 06時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Amazon傘下のAmazon Web Services(AWS)は利益を生み出し続けている。それにはいくつかの理由がある。Amazonの最高財務責任者(CFO)Brian Olsavsky氏によると、AWSの好調を支えているのは機能性および革新性と、エコシステム、経験だという。

 AWSはAmazonの決算に貢献し続けている。米国時間7月28日に発表された2016会計年度第2四半期決算(6月30日締め)によると、AWSの売上高は前年同期の18億2000万ドルから28億9000万ドルに増加しており、同会計年度中の年間売上高100億ドル突破に向けて順調に進んでいる。しかしAmazonの事業全体にとってさらに重要なのは、AWSの営業利益がAmazon全体の56%を占めるようになり、Amazonの1株あたり利益が前年同期の0.19ドルから1.78ドルへと大きく伸びた点だ。

 AccentureのマネージングディレクターMark Sullivan氏は、AWSの将来予測を天気予報になぞらえ、「雲(クラウド)が多く、強烈な売り上げが降り注ぐ可能性がある」とツイートしている。AWSの収益性も向上を続け、Amazonに大きな利益をもたらしている点は言うまでもない。

 こうした売上高、そして収益性は、企業がクラウド分野のリーダーであるAWSに対してより多くの投資を振り向けるようになることで、引き続き向上していくはずだ。Olsavsky氏によると、エンタープライズがそうした行動をとると考えるに足る複数の理由があるという。

エンタープライズがAWSに傾斜する理由

 決算発表後の電話会議における質疑応答で、OppenheimerのアナリストRay McDonough氏は、複数のメディアが「大手顧客はAWSを利用する傾向があるとはいえ、(それと同時に)Google(のクラウド)や『Microsoft Azure』を利用し、マルチクラウドアーキテクチャとでも言うべきものを作り上げる可能性がある」と報道しているとし、AWSが数あるクラウドのうちの1つという存在になった場合、現在クラウド分野のリーダーであるAWSは長期的な観点から、「全体的なエコシステムにおいて」どういった位置付けになるのかと質問した。


提供:iStockphoto/BsWei

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算