編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

Linux25周年--トーバルズ氏に聞く、誕生と進化の瞬間

Steven J. Vaughan-Nichols (ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2016-08-30 06:00

 カナダ・トロント発--Linuxが生み出されて25年が経過した。今ではMicrosoftがLinuxを受け入れ、あらゆるもの、本当にあらゆるものがLinuxに依存している。しかし、25年前はそのような状況ではなかった。Linuxの出自は、野望を持たない小さなプロジェクトだったのだ。

 Linuxの生みの親であるTorvalds氏が、筆者との一連のインタビューのなかでLinuxの来歴について語ってくれた。


カナダのトロントで開催された、Linux誕生25周年を祝うLinuxConでのLinus Torvalds氏。
提供:The Linux Foundation

——Linuxの本当の誕生日はいつなのでしょうか?誇りある父親として、いつだと考えていますか?MINIXのニュースグループにメッセージを投稿した1991年8月25日でしょうか?それともその後、少数の人たちにリリース0.01を送信した日(1991年9月17日)なのでしょうか?

 どちらもありだと考えています。

 ニュースグループへの最初の投稿(8月25日)は一般に向けて公開したものであり、今でも日付や時間を含むすべての内容を確認できます。一方、リリース0.01は一般に向けて公開したものではありません(興味を示した一部の人たちにのみ送信したものであり、その電子メールが今も残っているとは思えません)。リリース0.01の日付(9月17日)を確認するには、今だと現存しているtarファイル内のファイル日付を見ることになります。

 このためわたしは、両方とも誕生日だと考えています。また、どちらでもよいのです。

 ところで、一部の人たちはそれ以外にも誕生日があると主張しています。例えば、上述した日付よりも早い日として、公の場でLinuxについて軽く言及した7月3日があります。この時わたしはMINIXのニュースグループ上でPOSIXの標準ドキュメントに関する質問を投稿し、あるプロジェクトを実施している(Linuxという名前は出していません)と書いています。また、上述した日付よりも遅い日として、初めてLinuxを一般に向けて公開した10月5日があります。この時のバージョンは「バージョン0.02(既に+1(非常に小さな)パッチを適用済み)」となっていました。

 だから、これらのイベントすべてを祝うには、ケーキを4つ買う必要があるのかもしれません。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]