「Windows 10 Anniversary Update」向け累積的アップデートの不具合、MSがフィックスを準備中

Liam Tung (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2016-10-05 10:38

 Microsoftは米国時間10月4日、「Windows 10 Anniversary Update」(「Build 1607」)向けの累積的アップデート(9月29日リリース)により、一部のユーザーにインストール時の不具合が発生している問題のフィックスを近いうちに提供すると約束した。

 既に報じられているように、Build 1607向けのアップデート「KB3194496」(適用後のビルド番号は「Build 14393.222」)を適用した場合、インストールが無限ループに陥るという状況が一部で発生している。

 このバグはBuild 1607のすべてのインストールに影響しているわけではない。

 Neowinが報じているように、Microsoftは4日、同社フォーラムにおけるこの件に関するトピック(現時点で30ページ以上の長さに及んでいる)に投稿し、同問題を解決するスクリプトの開発が最終仕上げ段階に入っていると述べた。

 投稿には「われわれはこの問題に対して入念に取り組んできており、累積アップデートKB3194496(Build 14393.222)のインストールを妨げている根本的な問題を解消する、影響を受けたユーザー向けのクリーンアップスクリプトの作成はその最終段階に入っている。われわれが調査とその後の作業を実施している間、辛抱強く待ってもらえることに深く感謝したい」と記されている。

 同社は、3億5000万台のデバイスに対してアップデートをリリースする前に入念なテストを実施しており、すべての人々が問題なくアップデートできることを目指していると述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]