編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

日本HP、次世代型データ分析基盤として「HPE Vertica 8」を発表

大河原克行

2016-10-06 12:30

 日本ヒューレット・パッカードは、次世代型データ分析基盤として、「HPE Vertica 8」を発表。10月5日から出荷を開始する。

 「Verticaの全世界における昨年度の販売実績は、前年比2けた成長を遂げており、HPEのなかでも、最も成長が著しい製品になっている」(米ヒューレット パッカード エンタープライズ ビッグデータソリューション事業本部 HPE Vertica製品責任者のEamon O´Neil(イーモン・オニール氏)とする。

 また、新たな機械学習クラウドサービスとして、「HPE Haven OnDemand Combinations」を発表した。開発者向けに機械学習APIをクラウドベースで提供することで、アプリケーション開発の迅速化を支援できるとした。

 Vertica 8は、統合アーキテクチャの採用と、インデータベース分析機能の向上により、データの保管場所にかかわらず、大規模なデータにおいても、高いパフォーマンスを維持しながら、高度な解析を実施できるのが特徴。エンタープライズクラスのパフォーマンスとセキュリティを実現しているという。

 同社では、「企業が直面している最大の課題は、データセンター内にサイロして格納されている複数のデータから、どのようにしてインテリジェンスを引き出すのかという点。Vertica 8は、その場で分析を可能にする独自の統合アーキテクチャにより、情報の格納場所に関係なく、継続的にインテリジェンスを抽出することが可能になる」とする。

 Vertica 8のデプロイメントオプションを活用することで、オンプレミス、プライベートクラウド、パブリッククラウドの環境を問わずにデータ分析が可能になるほか、Hadoopデータレイクにおいても、分析を実施する場所や手法を選んで、最適のソリューションを採用することができるとのこと。

 さらに、データの移動および統合機能を強化。数100~数1000カラムへのデータロードが、最大700%まで高速化。AWS S3からの容易なデータロードや、Apache Kafkaデータストリームの包括的なビジュアルモニタリングなどを実現する。

 そのほか、Verticaでは、インデータベースを適用した機械学習アルゴリズムの採用により、大規模なデータ向けに、Rベースの機械学習モデルをあらかじめ作成すれば、直接、Verticaに展開することが可能となり、高い精度で意思決定プロセスを加速することができるとしている。

 また、VerticaのParquetとORC Readersにより、Hadoopデータレイクを活用できるため、Hadoopによる高い経済性と、安全なデータアクセスを分析ができるようにした。

 さらに、Apache Sparkアダプタの最適化を図り、VerticaとSparkシステム間の高速なデータ連携を実現。小規模なデータのクエリにおいては、Spark内に堅牢な機械学習モデルを構築。大規模なデータ量のクエリにおいては、VerticaのインデータベースSQL分析を活用できる。


米ヒューレット パッカード エンタープライズ ビッグデータソリューション事業本部 HPE Vertica製品責任者のイーモン・オニール(Eamon O´Neill)氏

 また、複数のクラウドにも対応。O´Neill氏は「AWS S3へのシームレスなアクセスと、セキュリティ強化を実現することで、AWSへの対応を強化した」とする一方、「過去6年間に渡ってAWSでの利用環境を提供してきたが、新たにMicrosoft Azureでも利用できるようにした。

 さらに今後はGoogleなどでも利用できるようにする予定である。マルチクラウド対応とすることで、要望が高いクラウドの選択肢を提供できる。また、大きなスケールにおいても、パフォーマンスを出すことができるのが特徴。オープンソースとの連携も特徴としている」と語った。

 AWS上での利用については、Verticaをそのままライセンスを持ち込んで利用できる仕組みとしており、価格は1TBで840万円(税別)としている。

 なお、Azureでの利用は、2015年末に、ヒューレット パッカード エンタープライズ(HPE)とマイクロソフトが締結した戦略的合意に基づいたものであり、Microsoft Azure Marketplaceを通じて、Verticaの即時利用を可能にしている。

 「Vertica 7ではダッシュボードを利用して、経営層などの利用が中心であったが、Vertica 8ではデータサイエンティストも加わり、利用層が拡大するだろう」(同氏)との見通しを示した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]