編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

シトリックス、SD-WANアプライアンスに新版--仮想網ごとに個別ポリシー

NO BUDGET

2016-10-14 12:38

 シトリックス・システムズ・ジャパンは10月12日、WANをソフトウェアで制御する“SD-WAN”アプライアンスの最新版「Citrix NetScaler SD-WAN 9.1」の提供を開始した。

 NetScaler SD-WANは、可視化機能とコントロール機能を統合しており、アプリケーション認識機能を持った仮想WAN接続機能、動的ルーティング、個別ルーティングドメイン、WAN最適化、エンドツーエンドの可視化機能などを包括的に搭載していながら、導入と利用が容易としている。

TechRepublic Japan関連記事

 最新版では、必要に応じて既存のルータを利用しながら、NetScaler SD-WANに移行できる機能、複数の仮想ネットワークに個別のポリシーを適用できるアプリケーション分離機能を新たに搭載している。また、Secure Web Gateway(SWG)、クラウドファイアウォール、サンドボックス、その他の拠点でのセキュリティのニーズを提供するクラウドセキュリティプラットフォームとの接続も容易になっている。

 同社は11月からクラウドベースのZero Touch Deployment(ZTD)サービスをプレビュー版で提供する予定。このサービスは、遠隔地の拠点などでのSD-WANの導入プロセスを自動化するもので、拠点での導入に関連する複雑な作業を軽減する。細やかなセキュリティレベルを設定でき、割り当てられたアプライアンスが、指定された拠点に正しい構成で導入されたことを証明する機能も実装している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]