編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

Dell EMC、最新のシステムやソフトウェアを披露--Dell EMC World開催

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-10-20 11:24

 Dell EMCは米国時間10月19日、DellとEMCを結びつけ、膨大なエンタープライズ技術ポートフォリオを縫い合わせることを目的とした製品を多数発表した。

 9月7日、DellはEMCの買収を完了し、Dell Technologiesを立ち上げた。それから1カ月と少し、Dell EMCは顧客イベント「Dell EMC World」を開き2社統合のメリットを披露した。

 まだ統合プロセスは始まったばかりで、2017年会計年度が終わった来年2月頃に大きな変化が起こることが予想されている。それでも同社は迅速に動き、相互運用のための製品をイベントで発表した。

 Dell EMCでコア技術のプロダクトマーケティング担当バイスプレジデントを務めるPeter Smails氏は、新製品は同社が迅速に動き、これまでのEMCとDellハードウェアに共通したユーザー体験を提供できるということを証明するものだと説明した。

  長期的には、Dell Technologiesはポートフォリオを結びつける層を提供する必要がある。

 テキサス州オースティンで開催したDell EMC Worldで10月19日、Dell EMCは以下を含む多数の製品を発表した。

  • Dellのサーバ「PowerEdge」を搭載した最新の「VxRail Appliances」および「VxRack System 1000」
  • Dell EMC Elastic Cloud Storage(ECS)オブジェクトストレージプラットフォーム「ECS 3.0」
  • 非構造化データ向けに設計されたオールフラッシュ版のNAS「iSilon」
  • 中規模企業向けの「SC Series」(旧名称「Compellent」)がEMCと相互運用可能になり、ストレージ顧客向けの共通の管理ツールとデータ保護体験を提供
  • 「Dell EMC Data Domain」保護ストレージのソフトウェア定義バージョンとPowerEdge対応の「Data Domain Virtual Edition 3.0」

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]