海外コメンタリー

IIoT分野での存在感を高めるGEデジタル--買収や提携強化でエコシステム拡大 - (page 2)

Stephanie Condon (ZDNET.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2016-11-22 06:30

 また機械学習の技術は、GEが提唱する「デジタル・ツイン」(物理的な資産を仮想的に再現したもの)の展開に必要なモデル化やシミュレーションにも、極めて重要な役割を果たす。

 GEは、買収によってさまざまな組織的能力を獲得するのと同時並行で、サードパーティーとの提携関係構築も進めている。同社が新たに設けた独立系ソフトウェア開発会社(ISV)向けのプログラムは、パートナー企業がメンテナンスやコンテンツ開発、資産管理などの新たなPredix用産業アプリケーションを開発するのを支援するものだ。スタート時点でのパートナー企業には、Box、Decisyon App Composer、Entercoms、Ericsson、Mobideo、Nurego、Pitney Bowes、OAG Analyticsなどの名前が挙がっている。

 GEはこのISV向けプログラムの他にも、すでに「デジタル・アライアンス・プログラム」と呼ばれる取り組みを進めており、AT&TやIntelなどの大手企業を含む、270社以上のグローバルパートナーを得ている。

 さらに同社は、2017年中にASEAN地域と中東・北アフリカ・トルコ地域にエコシステムの拠点である「デジタルファウンドリー」を新設する予定であり、ドイツにも欧州第2のデジタルファウンドリーを開設する。GE Digitalは2016年にも、フランスのパリ、中国の上海、米国のサンラモンの3カ所に同様の拠点を開設している。

 GEは、プラットフォームの成功にはパートナーエコシステムの構築が必要不可欠であることを認めているが、同社がその視点を取り込むには「まったく新しい考え方を必要とした」とRuh氏は述べている。Ruh氏によれば、GEがその観点を取り入れることができた理由の1つは、新たな人材を招いたことだったという。例えば、Siriの開発者の1人であるDarren Haas氏は、GEのPredix構築を手伝っている。また、Salesforce.comからGE Digitalに加わったDenzil Samuels氏も、GEのエコシステム拡大に取り組んでいる。

 「産業界の企業は伝統的に、このような形でエコシステムと関わることはなかった。産業界の企業はオープンプラットフォームを持たず、専用の閉じたシステムを所有している。GE Digitalはエコシステムを新たな形で説明しようとしている」とRuh氏は語った。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]