編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
海外コメンタリー

「より良い社会を実現するためのAI」を追求するインテルの取り組み - (page 2)

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2016-11-24 06:30

 またIntelは同日、ハーバード大学とマサチューセッツ工科大学(MIT)が共同で運営するブロード研究所との提携を拡大し、ゲノミクス分析のための高性能コンピューティング(HPC)利用を推し進めることを目的に2500万ドルを投資すると発表した。Intelは、Intel-Broad Center for Genomic Data Engineeringを通じ、5年間にわたって同プロジェクトに取り組む計画だ。Waxman氏は「われわれはこのプロジェクトにおいて、ツールを提供するとともに、さらに多くの遺伝子データの情報源を取りそろえることで、例えば、薬剤耐性を獲得したがんの研究を推進できるようにする」と説明している。

 さらにIntelは、Hack Harassmentと協力し、「善良なAI」を活用してオンラインハラスメントを減らすための取り組みも実施している。具体的な目標は、オンラインハラスメントを検出し、阻止する知的なアルゴリズムを開発し、それをオープンソースAPIとしてリリースするというものだ。

 またIntelは、National Center for Missing & Exploited Children(NCMEC:全米失踪・被搾取児童センター)とも協力し、行方不明児童や児童虐待の報告への対応を支援するために、同非営利団体にアルゴリズムとツールを提供している。

 Rao氏は「こういったすべてのケースにおいて、データは既に存在している。それらをふるいに掛け、有効利用するという話なのだ」と述べるとともに、「それこそがAIのもたらす成果だ」と述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]