Azure「Gシリーズ」が国内DCに登場、SAP HANAワークロードに対応

取材・文:阿久津良和 構成:羽野三千世 2017年01月16日 18時15分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本マイクロソフトは1月16日、Microsoft Azureの東日本リージョンにおいて最大32コアCPU、0.5TBメモリを搭載した仮想マシン「Gシリーズ」を同日から提供すると発表した。また、Gシリーズ最上位にあたる「GS5」インスタンスでは、独SAPの「SAP HANA」のサポート認定を受け、基幹システムのクラウド化に対応する。

 Azureは、2014年2月に東日本と西日本の2箇所に国内データセンター(DC)を開設。これまでIaaS環境のラインナップとして「A」「D」「F」といった仮想マシンのインスタンスを用意してきた。

 今回、東日本リージョンから、Intel Xeon E5 V3ファミリプロセッサを搭載した仮想マシンのインスタンス「Gシリーズ」の提供を開始した(米国リージョンでは2015年1月にリリースされている)。


Microsoft Azureの仮想マシンインスタンス

 Gシリーズは、SQL ServerやHadoopといった大規模データベースワークロードをサポートしている。これにより、「今後、基幹業務システムのクラウド化が進み、これまでオンプレミスで発生していた数々の課題はクラウドで解決できるようになる」(日本マイクロソフト 業務執行役員 クラウド&エンタープライズビジネス本部 本部長 佐藤久氏)という。


日本マイクロソフト 業務執行役員 クラウド&エンタープライズビジネス本部 本部長 佐藤久氏

 Gシリーズのエントリークラスに位置する「G1」インスタンスは、2コア・28GBメモリ・384GBのストレージで62.22円/時(4万6291.68円/月)、最上位にあたる「G5」インスタンスは、32コア・448GBメモリ・6.144TBストレージで886.38円/時(65万9466.72円/月)の従量課金制で利用できる(参考:Linux Virtual Machinesの料金)。

 さらに、Gシリーズに永続ストレージ(Premium Storage)を付加した「GS」シリーズも東日本リージョンから提供する。G5にPremium Storageが付いたGS5インスタンスは、SAPから「SAP HANA」のサポート認定を受けており、国内DCからSAP S/4 HANAワークロードを利用できるようになる。

 GS5上でSAPから認定を受けているのは、「SAP S/4 HANAの開発/テスト環境」「OLTP NetWeaverソリューション用 SAP HANA Enterprise Editionの開発/テスト環境」「OLAP用SAP HANA Enterprise Editionの本番運用環境および開発/テスト環境」。GS5上でSAP S/4 HANAを本番環境で使う場合は、Controlled Availabilityプログラムに個別参加する必要がある。

 さらに、GS5で対応するサイズより大きいメモリサイズを必要とするSAP HANAワークロードをAzure上で利用する場合は、米国東部もしくは米国西部リージョンで提供しているSAP HANA用にチューニングした専用ハードウェア環境「SAP HANA on Azure(Large Instance)」を選択し、Controlled Availabilityプログラムに個別参加する必要がある。


GS5インスタンスでは、SAP HANAに対応する

 Gシリーズの国内DCからの提供時期が米国リージョンでのリリースから数年遅れたことについて記者から質問されると、佐藤氏は、「パートナーや市場の需要が異なる。われわれとしてはベストなタイミングだ」と回答。協業するパートナーと共にMicrosoft Azureをマネージドサービスとして提供し、「基幹システムでもサブスクリプション型のマネージメントサービスを推し進める」と今後の展望を語った。

 米Microsoft クラウド&エンタープライズグループ ゼネラルマネージャーのMark Souza氏も、「Azureは、ハイパースケール、エンタープライズ対応、ハイブリッドという3つの成功基準を維持しつつ、過去12カ月では600以上のサービスや機能をリリースしてきた。今後6カ月間で更なる機能の拡充を行っていく」と強調。記者からの、競合のAmazon Web Services(AWS)と比較してインスタンスのラインナップが足りないのでは、との質問に対しては、「SAPについてはAWSよりも先行している。AWSが(同レベルのインスタンスを)アナウンスする6カ月前から(Gシリーズは米国リージョンで)存在した。FPGAやGPUといった分野でも追従ではなく先行している」(Souza氏)と強気の姿勢を崩さなかった。

米Microsoft クラウド&エンタープライズグループ ゼネラルマネージャーのMark Souza氏
米Microsoft クラウド&エンタープライズグループ ゼネラルマネージャーのMark Souza氏

 今後日本マイクロソフトは、11社のパートナー企業と協業し、Gシリーズの提供を推進する。インターネットイニシアティブは「IIJ GIO」を中核としたSAP S4/HANAシステムラウンドスケープ構築を、GS5インスタンスとのハイブリッドで提供する(サービス名称は「SAP HANA システムランドスケープマネジメント for Azure」)。また富士通は、各種テンプレートを活用してSAP S4/HANA環境を短期間で構築する「SAP S/4HANA on Azure短期構築ソリューション」を提供する。


「SAP HANA on Azure」対応サービス提供パートナーは11社

 GシリーズとSAP S/4HANAの早期導入を表明したアビームコンサルティング 執行役員 プリシンバル 中本雅也氏は、その理由を「グローバル経営基盤の構築や、サブスクリプションや成功報酬型といったビジネスモデルの変化、自社の顧客に対する価値を高めるための知見を重ねる」ためと説明した。


アビームコンサルティング 執行役員 プリシンバル 中本雅也氏

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]