海外コメンタリー

AIで従来型の銀行業務の無人化目指す--伊FinTech新興企業Euklidの試み

Federico Guerrini (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子 2017年01月29日 06時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 イタリアのFinTech企業Euklidは、機械学習を活用したビットコインのトレーディングを手がけている。しかし同社はそれにとどまらず、従来型の銀行業務ほとんどすべてを人工知能(AI)で実現しようとしている。

 イタリアのミラノを出発点とし、英国のロンドンにも拠点を置く新興企業が増えている。MoneyFarmSoundreefの後に続き、前途有望なイタリアの新興企業Euklidが同社の本社機能を英国の首都ロンドンに移し、同地の活気あるエコシステムに融け込もうとしている。

 彼らは自社の世界戦略を実行に移すための活動の新たな本拠地として、ロンドンのLevel39というFinTech専門のアクセラレーターのスペースを選択した。

 Euklidは、オンライン系の独立金融アドバイザーであるMoneyFarmと同様、FinTech分野で活動しているが、銀行業務から人間系を取り除くという、他の新興企業よりも一歩先んじた目標を掲げている。

 2015年に設立された同社は、ビットコインの価格変動を予測できるというテクノロジを開発したことで、同暗号通貨の投資価値を最大化できると述べている。

 同社の説明によると、このテクノロジはAIの機械学習能力と、ブロックチェーントランザクションの持つ確実さと透明性を組み合わせたものだという。

 Euklidの共同創業者Antonio Simeone氏は米ZDNetに対して「ここ数年、アルゴリズムベースのトレーディングが利用されているが、われわれの中核資産は市場の変動に対して自律的に最適化、適応できる能力を有したシステムだ」と述べている。

 このシステムは同氏の言葉に恥じない能力を有しているようだ。同社は過去1年のビットコイン投資で132%の利益を報告している。このシステムは、256種類のパラメータを考慮した30種類のアルゴリズムによってすべての資産を分析し、過去の実績に基づいて最善の選択肢を学習するようになっているという。


AIが小切手やデビットカードによる支払い処理や、送金処理を行う銀行を想像できるだろうか?
提供:Getty Images/iStockphoto

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算