海外コメンタリー

レガシーITからプライベートクラウドへの移行はコスト削減にもなる--ノキア - (page 2)

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2017-01-31 06:30

 同氏によれば、増える経費のうち最大の項目はアプリケーションの移行コストだという。一方、経費削減の最大の要因は自動化だ。

 データセンター内で仮想マシンの移動することは簡単なプロセスだが、「その後誰かが手動ですべてのネットワークとセキュリティの設定をする必要があり、これには2週間から3週間掛かることもある」とWilliams氏は述べている。「しかし、OpenStackを使って移行し、同時にハイパーバイザ環境とネットワーク環境の両方の設定をさせれば、仮想マシンとネットワークは文字通り数秒以内にアップデートできる」(Williams氏)

 このモデルで明らかになった経費削減幅は、金融業界や医療業界などの規制の多い業界を前提とした、保守的な仮定をもとに計算されたものだ。このことは、5年間で25%の経費削減という数字が、事実上最低限の数字だということを意味している。

 IDCのビジネスバリュー戦略担当バイスプレジデントRandy Perry氏は、IDCがNokia Enterprise Private Cloud TCO Modelを検証するために実施した広範な分析の中で、次のように述べている。

 「われわれは使用された前提は適切だと考えている。すべての前提は第三者の文献を根拠としており、プライベートクラウドとレガシー環境のトータル費用を公平に比較する上で、妥当かつ包括的なものだと言える。また、業界に関するデータやデフォルト設定は、IDCが過去2年間に450社以上の企業を対象として実施してきたビジネスバリュー調査に照らして、容認できる範囲にある。最後に、経費削減幅の計算に使用されたアルゴリズムと手法は正確であり、一般に受け入れられている財務ガイドラインに沿っている」(Perry氏)

 Williams氏は、Nokiaがこのモデルを構築した目的は、プライベートクラウドの経費についての思い込みに挑戦することだけでなく、OpenStackの将来的な方向性に貢献するためだったと述べている。

 OpenStack Foundationのマーケティングおよびコミュニティーサービス担当バイスプレジデントLauren Sell氏は、このモデルを以下のように表現している。「企業がアジャイルでオープンなクラウドのための戦略を計画・実行しようとする際に役立つ価値のある検証済みのツールを、OpenStackのコミュニティーメンバーが構築していることを示す最新の例だ」

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]