調査

アジャイル開発とDevOpsの組み合わせで生産性が45%向上--CA調査

NO BUDGET

2017-02-09 07:00

 CA Technologiesは2月1日、アジャイルとDevOpsに関する調査結果を発表した。この調査は、「Accelerating Velocity and Customer Value with Agile and DevOps」と題されるもので、日本を含む21カ国10業界のITおよび事業のエグゼクティブ1770人に対して行われた。調査期間は、2016年5~6月。

 これによると、企業全体にアジャイル、DevOpsのいずれかを導入している企業は全体の3分の1にとどまっているという。

 一方で、アジャイルの実装にDevOpsを加えたと回答した企業の74%が、従業員の確保と定着が改善したと報告しており、これについてアジャイルのみを利用しているユーザーの場合は57%だった。

 また、アジャイルとDevOpsの両方を組み合わせた企業は、アジャイルのみを活用している場合と比べて、従業員の生産性が45%向上したことも報告されている。

 さらに、DevOpsをアジャイルの作業環境に追加した企業では、顧客満足度がさらに29%向上したとしている。また、アジャイルとDevOpsを組み合わせたユーザーの78%が顧客エクスペリエンスを向上せたと回答しているが、アジャイルのみのユーザーでは58%にとどまっている。

 CA Technologiesでは、今回の調査で、アジャイルとDevOps両手法の導入によって業績が大きく向上したこと、そしてよりポジティブな影響が得られたことが明らかになったとしている。

 具体的には、アジャイルとDevOps両手法の導入した調査対象企業では、新規事業の成長率が63%以上改善し、運用効率が41%改善、アジャイルのみの改善効果に比べさらに65%のIT関連コストが改善されたと回答しているという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]