編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Software Defined Storageの国内市場は年平均30%超で成長--IDC調査

NO BUDGET

2017-02-24 12:06

 IDC Japanは2月22日、国内Software Defined Storage(SDS)市場の予測を発表した。

 これによると、2020年の市場規模は758億円で、2015年から2020年の年間平均成長率を31.1%と予測する。2016年は前年比39.8%と高成長を示し、売上額は273億900万円だったとした。

 同社は、SDSを「ハードウェアとソフトウェアで構成されるストレージシステムであり、汎用コンポーネントで構成された業界標準のハードウェアプラットフォーム上で、自律的なソフトウェアスタックがストレージサービスの機能を提供するもの」と定義している。


国内Software-Defined Storage市場 売上額予測、2015年〜2020年

 ブロック、ファイル、オブジェクト、ハイパーコンバージドなどのセグメント別では、ハイパーコンバージドがSDS市場の成長をけん引。ファイルとオブジェクトも、データの容量増加や分析ニーズへの対応から高成長を続け、容量面での構成比は高いと予測する。

 同社は、SDSが大規模環境のストレージ調達コストや運用管理コストの削減ニーズに応えることから普及につながったとみる。またハイパーコンバージドは、中小環境を含む市場全般で急速に普及しているとした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]