編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

IBMが気象予報サービスを開始、今後は機械学習で予測精度を向上

日川佳三

2017-03-14 08:27

 日本IBMは3月13日、気象予報や気象データを企業向けに提供するサービスを開始すると発表した。元々は2016年1月に買収した米The Weather Company(TWC)の事業であり、IBMが持つ業界業種ごとのノウハウやコンサルティングと合わせてユーザー企業にシステムを導入する。国内では同事業に先立ち、気象庁から気象予報業務の許可を2月27日に得ている。

 収集した気象データを元にコンピュータが気象予報を作成し、IBM所属の気象予報士が調整を加えて最終的な気象予報を作成する。気象データを活用するアプリケーションは、業種別にパッケージアプリケーションを用意するほか、個々のユーザーの業種に合わせて構築する(図1)。データ分析ソフト「IBM SPSS Modeler」のユーザーは、APIを介して気象データを取り込める。


図1 日本IBMの気象データ提供サービスの概要。気象データを提供するほか、気象データを活用するアプリケーションを構築・提供する

 3カ月以上先の中長期的な気象予測も提供する。162の気象予想モデルを使っており、それぞれのロケーションごとに、使用する予想モデルの重み付けを毎日のように変えている。この仕組みによって、機能的には最大で7カ月先まで予測できる。今後は、機械学習を採用することによって中長期的な予測の精度を上げる。将来的にはIBM Watson上に気象データを載せて活用する。

 既にパッケージ化されているアプリケーションに、電力業界向け、航空業界向け、メディア企業向け、の3つがある。いずれもSaaS型クラウドサービスとして提供する。電力業界向けは、2週間先の気温が一目瞭然で見られる(図2)。


図2 電力業界向けのパッケージアプリケーションの画面。2週間先の気温を可視化する。予測に基いてエネルギーの供給計画を立てられる

 予測に基いてエネルギーの供給計画を立てられる。航空業界向けは、霧が濃い場所や風が強い場所などを可視化し、パイロットがフライトプランを効率よく作成できるようにする(図3)。


図3 航空業界向けのパッケージアプリケーションの画面。霧が濃い場所や風が強い場所などを可視化し、パイロットがフライトプランを効率よく作成できるようにする

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]