編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

WikiLeaksが暴露したCIAのハッキングツールの使用実態が明らかに--シマンテック

Danny Palmer (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-04-11 12:28

 セキュリティ研究者らは、WikiLeaksによってその存在が明らかになった、米中央情報局(CIA)のハッキングツールが少なくとも16カ国で使用されていたことを確認した。

 WikiLeaksは3月、CIAから流出したと考えられる、同局のハッキング活動の詳細が記された8000件以上におよぶ内部ドキュメントを公開した。そしてセキュリティ企業のSymantecは米国時間4月10日、このドキュメントと関連付けられる、洗練されたサイバー諜報活動を遂行しているグループ(同社は「Longhorn」と呼んでいる)が少なくとも2011年から活動している事実を公表した。

 Symantecはその一例として、Longhorn(ツールの開発者とそのグループ)が、WikiLeaksによって公開されたドキュメント「Vault 7」に記載されている暗号プロトコルを使用している点を挙げた。

 Vault 7は「iPhone」や、「Android」搭載端末、スマートTVといった機器のハッキングに関する詳細を記したCIAの機密ファイルだ。これらツールは、Vault 7の暴露を受けて攻撃者が使用し始めたものではなく、かなり以前からサイバー諜報活動の一環として用いられてきているという。Symantecは、高度な技術を用いるとともに、北米地域以外を標的にして諜報活動を実施していると見られるこのグループの正体について、「推測で答えを出すことはできない」と述べている。

 このグループは、中東や欧州、アジア、アフリカの標的に対してバックドアを仕掛けてきている。また研究者らによると、米国内のマシンにバックドアが仕掛けられたこともあったものの、「誤ってバックドアを仕掛けてしまった」かのように、数時間もしないうちにアンインストーラーが起動されたという。


提供:iStock

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]