編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

「Ubuntu 17.04」がリリース--スワップ改善など多数の変更点

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-04-17 13:23

 英Canonicalは現地時間4月13日、同社の旗艦OS「Ubuntu」の最新版である「Ubuntu 17.04」をリリースしたと発表した。

 まず、デスクトップに目を向けてみよう。現在のところ、Ubuntuのデフォルトデスクトップは「Unity 7」のままとなっている。Ubuntuでは他のデスクトップを実行させることもできる。Canonicalは「Budgie」(「Ubuntu Budgie」)や「KDE」(「Kubuntu」)、「LXDE」(「Lubuntu」)、「MATE」(「Ubuntu MATE」)、「Xfce」(「Xubuntu」)を公式にサポートしている。

 Ubuntuの主力デスクトップになるはずだった「Unity 8」の開発は打ち切られている。しかし、まだ実行させることはできる。

Unity 8
Unity 8

 Ubuntu 17.04のカーネルは「Linux 4.10」となっている。これは、「AMD Ryzen」プロセッサや、第7世代「Intel Core」プロセッサ(開発コード名:「Kaby Lake」)のサポートを意味している。

 Ubuntuのこの新バージョンでは、 昔から採用されていたUNIX/Linuxのスワップパーティションがスワップファイルに置き換えられている。これにより総合的に見た場合、アプリケーションの負荷が高く、メモリの代用としてディスクスペースを使用せざるを得ない状況におけるUbuntuの実行速度が少し改善されるはずだ。

 新しいデスクトップは、新たな「ドライバレス」プリンタもサポートしている。これらプリンタには「IPP Everywhere」や、Appleの「AirPrint」に対応したプリンタが含まれており、USB経由やネットワーク接続で使用する際には自動的に設定されるようになっている。

 しかし、今回のディストリビューションでもたらされた真のメリットは、クラウドとサーバで使用した際に発揮される。

 「snaps」は、Canonicalが新たに提唱している、アプリケーションのパッケージ化および配布を自動化するための手段だ。snapsを採用しているLinuxディストリビューションは現在、10を超えるまでに増えている。

 またUbuntu 17.04には、「OpenStack」の最新バージョン「Ocata」も搭載されている。なおOcataは、Canonicalが公開している「Ubuntu Cloud Archive」を経由することで「Ubuntu 16.04 LTS」でも利用可能となっている。

 Ocataではワークロードを中断することなく、実行中のクラウドをアップグレードできるようになっている。加えて「Nova Cells v2」によってクラウドのDevOpsチームに対して、小規模から超大規模に至るまでの均質なスケーラビリティを提供する。

 さらにUbuntu 17.04では、OpenStackの共有ファイルシステム機能である「Manila」を搭載するとともに、LDAPとの統合も強化している。OpenStackの「Nova」や「Cinder」「Glance」「Keystone」「Neutron」のベータ版スナップショットも利用可能となっているため、ユーザーはOpenStackのコントロールプレーンサービスを容易に配備できるようになる。

 Ubuntu開発チームはクラウドとゲストのネットワークパフォーマンスも改善している。これはAmazonの「Elastic Network Adaptor」(ENA)ドライバを用いて実現されている。その結果、Amazon Web Services(AWS)上で最大20Gbpsのネットワーク速度をサポートできるようになった。また「Microsoft Azure」向けにSR-IOVをサポートしたことで、Azureのゲストはハードウェアネットワークカードに直接アクセスできるようになる。これによりUbuntu VMの大幅なスループットの向上と、ネットワークレイテンシの低減がもたらされる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. ビジネスアプリケーション

    進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは

  4. クラウド基盤

    【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン

  5. セキュリティ

    「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]