Canonicalのシャトルワース氏、「主流」を嫌う一部のフリーソフトコミュニティに苦言

Liam Tung (CNET News) 翻訳校正: 編集部 2017年04月11日 14時41分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Ubuntu」を開発するCanonicalの創始者であるMark Shuttleworth氏が、一部のフリーソフトウェアコミュニティを批判している。その矛先は、メインストリームとなっているもの全てを嫌う姿勢をとっていると同氏が考えるメンバーらだ。

 Shuttleworth氏はGoogle+への投稿で、Canonicalが開発への投資の打ち切りを発表した「Unity」デスクトップインターフェイスに貢献していた開発者にまず謝意を示したが、さらに「メインストリームであるもの全てが気になりながらも嫌う利己的なタイプ」のメンバーについて批判した。


提供:Canonical

 Shuttleworth氏が非難を示すきっかけとなったのは、ディスプレイサーバ「Mir」の開発をCanonicalが継続するかどうかに触れたメンバーからの質問だ。Mirは「Wayland」とともに話題にされることが多い。

 Canonicalは、Unityがデスクトップ、タブレット、スマートフォンのコンバージェンスを実現することに期待していた。だがShuttleworth氏は先週、2018年に予定している「Ubuntu 18.04 LTS」ではUnityではなく、GNOMEを採用すると発表した。

 Shuttleworth氏は、GNOMEへの変更に関する発表の中で、コミュニティがCanonicalによるUnityの取り組みを批判していたことを認めた。

 Mirの将来についての質問に対するShuttleworth氏の回答は、それがフリーソフトウェアの提供に関する取り組みであることを考えると、一部のコミュニティメンバーが批判する行為に対して同氏が深く幻滅していることを示している。

 Shuttleworth氏はMirについて、IoTプロジェクトでコンポジターとして使われるなど有望であるとしながら、政治的な目的をもつ「操り人形」が舵を取る「Mirを嫌う集団」への不満を示した。Shuttleworth氏は、最初にMirをリリースした頃、Mirに敵対する人を「オープンソースのティーパーティ」と呼んでいた。

 「Mirを嫌う集団全体にあぜんとしている。目に見えないことを実にうまくやってくれるフリーソフトウェアだ」とShuttleworth氏は記している。

 Shuttleworth氏は、「Mirを嫌う動きにうんざり」しているとしており、これによりフリーソフトウェアコミュニティに対する意見が変わったと述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算