Ubuntuデスクトップ環境がUnityからGNOMEに変更へ--スマートフォン事業への投資も終了

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎 2017年04月06日 18時40分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 読者の中には、Canonicalの創業者であるMark Shuttleworth氏が、Ubuntu Linux「Unity8とスマートフォン、および統合シェルへの投資」を打ち切ると発表したことに驚いた人もいるかもしれない。だが、筆者に驚きはなかった。Ubuntuは以前からクラウド分野で大きなシェアを獲得しており、モノのインターネット(IoT)の分野でも評判を勝ち取ってきている。今回の発表は、Shuttleworth氏とCanonicalの幹部が、ようやく同社の強みを生かす決断を下したことを意味する。


Ubuntuの「Unity」デスクトップともこれでお別れだ。2018年以降、Canonicalは「GNOME」のインターフェースに回帰するという。

 いくつかの意味で、これは当然の選択だった。Shuttleworth氏は、「UbuntuのクラウドとIoTの話題は素晴らしく、今後はさらによくなっていくだろう。パブリッククラウドのワークロードや、Linuxを使用したプライベートクラウドインフラで、最もUbuntuが使用されていることは有名だ。また、自動車、ロボット工学、ネットワーキング、機械学習などの分野のIoTでも、Ubuntuが最も使われており、それらの取り組みの多くにCanonicalが商用サービスを提供していることを知る人も多い」と述べている。

 しかし、うまくいっていない分野もある。Ubuntuの開発を支援するCanonicalは、スマートフォンやタブレット、PC用のインターフェース「Unity」の開発に投資してきた。Shuttleworth氏は、「私は、もし未来がコンバージェンスの方向に向かっているのであれば、Canonicalがそれをフリーソフトウェアとして提供すれば、その取り組みはフリーソフトウェアコミュニティと、メーカーらが利用できる既存のクローズドな選択肢しかないことに不満を抱えているテクノロジ業界の両方で評価されるだろうと考えた。私は、どちらの面でも間違っていた。フリーソフトウェアコミュニティでは、Canonicalの取り組みはイノベーションではなく分断化だと見なされた」と述べている。

 今後のデスクトップに関する方針では、遅れている「Unity 8」への投資を終了し、2018年に予定されている「Ubuntu 18.04」から「GNOME」に回帰する予定になっている。

 Shuttleworth氏は、今後スマートフォンに関する取り組みは終了するものの、引き続きデスクトップ用Ubuntuには高い優先順位が与えられると強調した。「数百万人が利用しているUbuntuデスクトップに対する情熱と投資、そして献身は今後も継続されると強調しておく。われわれは、今後も世界でもっとも使いやすいオープンソースデスクトップを作り続け、既存のLTSバージョンを維持し、デスクトップを配布する事業パートナーと連携し、Ubuntuを利用する法人顧客に対するサポートを提供し、それを使ってイノベーションを起こしているIoT分野やクラウド分野の開発者を喜ばせる」(Shuttleworth氏)

 このことは不思議ではない。特にPCメーカーの中でもDellは、Ubuntuを搭載するノートPCに多くの投資を行っている。

 Shuttleworth氏はUbuntuの未来について、「企業の成長に貢献する分野に投資していく。具体的にはデスクトップ、サーバ、VM用のUbuntu本体、クラウドインフラ用製品(OpenStackおよびKubernetes)、クラウド運用のためのサービス(MAASLXDJujuBootStack)、IoT関連のsnapやUbuntu Coreだ」と述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化