編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

独ミュンヘン市、Linuxから「Windows」に回帰へ--市議会の目指すべきITの形とは

David Meyer (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2017-02-22 06:30

 ドイツのミュンヘン市議会は現地時間2月15日、同市が使用するデスクトップPCのOSを2020年末までにオープンソースのものから「Windows 10」へと置き換えるという提案を可決した。最終的な決定はコストに依存するとはいえ、多くの人々はLinuxの運命が既に決まったも同然と考えている。


ミュンヘン市長Dieter Reiter氏:「職員はわれわれのITに満足していない。半数以上が不満を抱えている」
提供:米ZDNet/ミュンヘン市議会

 ミュンヘン市議会は、市当局向けに特別に作成されたLinuxディストリビューション「LiMux」の使用中止に向けた計画を策定するという提案を可決した。同市の市長であるDieter Reiter氏は2020年末までにMicrosoftの「Windows 10」に置き換えたいとしている。

 この提案は、野党からの激しい反対意見にさらされたものの、中道左派のドイツ社会民主党(SPD:Social Democratic Party)と中道右派のキリスト教社会同盟(CSU:Christian Social Union)からなる同市の与党連合によって可決された。

 世界最大級の展開規模を誇る同市のデスクトップLinux戦略を破棄するというこの提案に反対する人々は、今回の可決によってLiMuxの運命は決まったも同然と捉えている。

 与党連合は15日午前の市議会において、この提案に対する最終投票に先立って、予算見積もりを含む、移行に向けた草案の策定に同意した。

 市長室の広報担当者であるPetra Leimer Kastan氏に確認したところ、「市議会はWindowsへの移行を完全に承認したわけではない」という。

 しかし、Free Software Foundation Europe(FSFE)のプレジデントであるMatthias Kirschner氏は「多くの人々の注目を集めているため、彼らは一歩引いてみせたものの、彼らが何を望んでいるかは明確だ」と述べている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]