編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

MS、「Azure」にMySQLとPostgreSQLのマネージドサービス--プレビュー発表

Andrew Brust (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 緒方亮 (ガリレオ)

2017-05-11 16:49

 Microsoftは、Linuxが大好きだと好んで口にする。それに、クラウドの「Microsoft Azure」を、オープンソースのOSやプログラミング言語に対応させている。しかし、データベースレイヤについてはどうだろうか。Microsoftはこれまで、「SQL Sever」から派生した「Azure SQL Database」を、唯一の同社製マネージドリレーショナルデータベース・アズ・ア・サービスとして提供してきた。こうして、オープンソースのリレーショナルデータベースをターゲットにしているケースが多いオープンソース開発者には、対応半ばとなっていた。

 だがMicrosoftは、米国時間5月10日にシアトルで開幕した「Build」カンファレンスで、「Azure Database for MySQL」と「Azure Database for PostgreSQL」のプレビュー版を発表した。この最も有力な2つのオープンソースデータベースのサポートを、同社のマネージドリレーショナルデータベースのプラットフォームに追加した。

「Azure Database for MySQL」と「Azure Database for PostgreSQL」発表
提供:Microsoft

 「選択肢を広げたい」。Microsoftのデータベースシステム担当ゼネラルマネージャーであるRohan Kumar氏は5月9日、新製品について筆者に状況を説明する中でこう語った。さらに次のように説明した。「開発者に少し近づいてもらい、われわれも彼らに近づくことで双方が出会うことになる」。オープンソース開発者は今後、OS、プログラミング言語、そしてデータベースなど、オープンソースのアプリケーション開発スタック全体に対応したAzureマネージドサービスを使えるようになる。

 Azure Database for MySQLAzure Database for PostgreSQLは、パフォーマンス水準とストレージ容量が異なる「Basic」「Standard」「Premium」の3つのカテゴリ構成で提供される。また、Azure SQL Databaseに匹敵する高可用性と暗号化も実現することになっている。Azure Database for PostgreSQLでは、「PostGIS」など、約18種類のPostgreSQL拡張モジュールをサポートするが、人気と評価に応じて、他にも追加される可能性がある。「要するに、プレビュー版には最も人気が高いものを入れたかったということだ」とKumar氏は述べる。

 AzureプラットフォームにPostgreSQLとMySQLを加えることで、Microsoftは、「Amazon Relational Database Services(Amazon RDS)」の確かな競合製品を提供することになる。Amazon RDSが現在サポートしているのは、「PostgreSQL」「MySQL」「MariaDB」「Oracle Database」、そして「SQL Server」だ。

 Azure Database for MySQLおよびAzure Database for PostgreSQLは、Azure SQL Databaseとの価格比較については前提が異なることから困難だろう。一方、Amazon RDS上のMySQLやPostgreSQLに対しては価格競争力がある、とKumar氏は大いに自信を示した。

 Amazon RDSは、MySQLやPostgreSQLと互換性がある独自データベースサービス「Amazon Aurora」もサポートしている。Microsoftが自社のリレーショナルプラットフォームでAuroraに似たサービスを提供せず、MySQLとPostgreSQLの標準的なコミュニティー版を利用するのは意図的なものだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]