MS、「Azure」にMySQLとPostgreSQLのマネージドサービス--プレビュー発表

Andrew Brust (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 緒方亮 (ガリレオ) 2017年05月11日 16時49分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、Linuxが大好きだと好んで口にする。それに、クラウドの「Microsoft Azure」を、オープンソースのOSやプログラミング言語に対応させている。しかし、データベースレイヤについてはどうだろうか。Microsoftはこれまで、「SQL Sever」から派生した「Azure SQL Database」を、唯一の同社製マネージドリレーショナルデータベース・アズ・ア・サービスとして提供してきた。こうして、オープンソースのリレーショナルデータベースをターゲットにしているケースが多いオープンソース開発者には、対応半ばとなっていた。

 だがMicrosoftは、米国時間5月10日にシアトルで開幕した「Build」カンファレンスで、「Azure Database for MySQL」と「Azure Database for PostgreSQL」のプレビュー版を発表した。この最も有力な2つのオープンソースデータベースのサポートを、同社のマネージドリレーショナルデータベースのプラットフォームに追加した。

「Azure Database for MySQL」と「Azure Database for PostgreSQL」発表
提供:Microsoft

 「選択肢を広げたい」。Microsoftのデータベースシステム担当ゼネラルマネージャーであるRohan Kumar氏は5月9日、新製品について筆者に状況を説明する中でこう語った。さらに次のように説明した。「開発者に少し近づいてもらい、われわれも彼らに近づくことで双方が出会うことになる」。オープンソース開発者は今後、OS、プログラミング言語、そしてデータベースなど、オープンソースのアプリケーション開発スタック全体に対応したAzureマネージドサービスを使えるようになる。

 Azure Database for MySQLAzure Database for PostgreSQLは、パフォーマンス水準とストレージ容量が異なる「Basic」「Standard」「Premium」の3つのカテゴリ構成で提供される。また、Azure SQL Databaseに匹敵する高可用性と暗号化も実現することになっている。Azure Database for PostgreSQLでは、「PostGIS」など、約18種類のPostgreSQL拡張モジュールをサポートするが、人気と評価に応じて、他にも追加される可能性がある。「要するに、プレビュー版には最も人気が高いものを入れたかったということだ」とKumar氏は述べる。

 AzureプラットフォームにPostgreSQLとMySQLを加えることで、Microsoftは、「Amazon Relational Database Services(Amazon RDS)」の確かな競合製品を提供することになる。Amazon RDSが現在サポートしているのは、「PostgreSQL」「MySQL」「MariaDB」「Oracle Database」、そして「SQL Server」だ。

 Azure Database for MySQLおよびAzure Database for PostgreSQLは、Azure SQL Databaseとの価格比較については前提が異なることから困難だろう。一方、Amazon RDS上のMySQLやPostgreSQLに対しては価格競争力がある、とKumar氏は大いに自信を示した。

 Amazon RDSは、MySQLやPostgreSQLと互換性がある独自データベースサービス「Amazon Aurora」もサポートしている。Microsoftが自社のリレーショナルプラットフォームでAuroraに似たサービスを提供せず、MySQLとPostgreSQLの標準的なコミュニティー版を利用するのは意図的なものだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算