野村證券、データ分析用AIで大量の業務データ処理とシステムテストを効率化

NO BUDGET 2017年05月18日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 野村證券は、機械学習要素技術と高速化技術を活用したデータ分析用の人工知能(AI)を6月に導入する。これを手掛ける富士通が発表した。

 データ分析用AIは、富士通研究所が開発した機械学習要素技術と高速化技術をベースにしている。野村證券と富士通が同AIを事前検証した結果、数千万~数億件規模のレコードから、数十件程度をいつもとは違うパターンに分類でき、そのうちの数件は有識者でも気づくことができなかったパターンとして新たに発見するに成功した。

 同AIは、事前の予習を行うことなく自律的に分析を行い、データを投入するだけで正常パターンと、「いつもと違う」(アノマリ)パターンに分類する。そのため、証券システムやそれ以外の各種手入力業務や社内事務処理など日々記録、保存されていくデータの品質を向上させるとができる。


データ分析用AIの学習プロセス

 従来のデータの品質担保手法では、入力時の人為的なミスや、いつもと違うデータの発生傾向を把握することに限界があった。大量の業務データは人手による全件確認が難しく、通常のシステムチェックでも網羅しきれないケースがあったという。

 さらに日々の「いつもと違う」パターンを高速に検知することで、新たな気づきを有識者のノウハウとして蓄積し、継続的にデータ品質および分析精度の向上を進められるというメリットもある。

 また、システムテストの際のテストケース作成でも、日々発生している業務データを自律的に学習させて、新たなデータパターンをテストケースに反映することができるようになる。これまでのテストケース作成は有識者のノウハウに依存していたが、今後は必要性の高いデータパターンを網羅的に自動的に抽出でき、不要なデータパターンを省いて効率的なテスト検証を実施できる。

 野村證券では、今後、適用するシステムの範囲を拡大していく予定。富士通は、同技術を他業種へ提供していくことを予定している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算