編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」
ランサムウェア

WannaCryのフォレンジクス分析とキルスイッチ・ドメインを公開--チェック・ポイント

NO BUDGET

2017-05-19 16:35

 チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは5月17日、ランサムウェアWannaCryに対するフォレンジクス分析と亜種にも有効なキルスイッチ・ドメインを公開した。

 同社のブログ上で「新たなキルスイッチ・ドメイン」として記載されているのは、以下のもの。

・ayylmaotjhsstasdfasdfasdfasdfasdfasdfasdf[.]com

・MD5: 4287E15AF6191F5CAB1C92FF7BE8DCC3

 今回のキルスイッチは、旧亜種に対するキルスイッチと同様に機能しており、新亜種のその他のコードは、旧亜種とほぼ同じであることが確認されているとしている。



SandBlast Threat Emulation サンドボックスの検査レポートによる活動分析

Check Point SandBlast Agent のフォレンジック機能による活動分析

 同社は、WannaCry が使用する複数の攻撃経路として以下を示した。

・SMB(Microsoft Server Message Block)を利用した直接的な感染拡大

・電子メール内の不正なリンク

・不正なPDFファイルの添付:不正なリンクを含むPDFファイル

・不正なZipファイルの添付

・RDPサーバに対するブルート・フォース・アタックでのログイン

 なお、SMBを利用した経路について、同じ攻撃経路を使用する亜種や模倣版など複数のサンプルの存在が確認されているとし、チェック・ポイントが検証したすべてのサンプルは、同社のセキュリティ製品SandBlastのアンチランサムウェアまたはThreat Emulationで検出、ブロックできるとした。

 同社が推奨する一般的な対策としては、次のものが挙がっている。

・Microsoft のセキュリティ情報 MS17-010「Microsoft Windows SMBサーバに対する緊急セキュリティ更新プログラム(4013389)」(https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/security/ms17-010.aspx)で報告された脆弱性の修正パッチをWindowsマシンに適用する

・ネットワークで共有されていない場所にバックアップを保存する

・パスワードで保護された添付ファイルをメール・ゲートウェイでブロックする

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]