ランサムウェア

「WannaCry」は未熟との見方も次なるランサムウェアの脅威に要警戒

Danny Palmer (ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎 2017年05月26日 06時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 世界中のさまざまな組織が、依然としてランサムウェア「WannaCry」の大規模な攻撃の余波を受ける中、日常を取り戻そうとしている。しかしサイバーセキュリティの専門家によれば、今回の事件は、初歩的なマルウェアでもこれだけの影響を及ぼす場合があるという教訓として捉えるべきだという。

 WannaCryはワームのような機能を持っており、一部の「Windows」に残っていた脆弱性を悪用して、感染したネットワークから短時間で広まった。Microsoftは、ずっと以前にサポートが終了したOSにまで緊急パッチを公開した。

 現在、世界中の司法当局が犯人を特定しようと捜査を進めているが、今回のWannaCryのまん延は、攻撃者の比較的未熟な運用が原因で、収拾がつかなくなった結果だった可能性があると考えているセキュリティ研究者もいる。

 セキュリティ企業Check Pointの製品マネージャーOrli Gan氏は、イタリアのミラノで開催された同社主催のカンファレンス「CPX」で、WannaCryの流行が始まってからわずか数日後に、「これはあまりプロフェッショナルなランサムウェアには見えない」と発言している。

 WannaCryを構成しているコードの多くは、米国家安全保障局(NSA)が作成した、Windowsの脆弱性を狙う「EternalBlue」を利用する。そしてサイバー犯罪者集団Shadow Brokersによってリークされたものだったことが、すでに明らかになっている。つまり、誰でもこのコードにアクセスできる可能性があったことになる。

 Check Pointのマルウェア調査チームの責任者Yaniv Balmas氏は、「マルウェアの中身を調べたところ、攻撃者がGitHubのページからコードを入手したことを示す証拠があり、このマルウェアはNSAが作成した攻撃コードと直接つながっていると言える」と述べている。

 ただし専門家は、WannaCryの作者は、このコードと自作のランサムウェアを場当たり的に組み合わせただけであり、組織化されたプロのサイバー犯罪集団の仕業ではないだろうと述べている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算