マイクロソフト、オープンソースPaaSのCloud Foundry Foundationに参加

Steven J. Vaughan-Nichols (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2017年06月15日 09時32分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftはカリフォルニア州サンタクララで開催中の「Cloud Foundry Summit」で、Cloud Foundry Foundationにゴールドメンバーとして加盟したことを発表した。「.NET Core」ではなく主に「Java」や「Node.js」を使ってアプリケーションを構築するオープンソースPaaSクラウドプロバイダーに、なぜMicrosoftが加わったのだろうか。答えは簡単だ。MicrosoftのAzure Compute担当ディレクターのCorey Sanders氏は筆者に、「そこに顧客がいるからだ」と話してくれた。

 なぜこのタイミングなのだろうか。Sanders氏は、「MicrosoftとCloud Foundryコミュニティーは、エンタープライズビジネスと技術的な要件に対するわれわれの相互理解、組織がベンダーによる囲い込みを心配せずにアプリケーションを現代化できるように支援するわれわれの献身的な取り組みという点で、同じ方向を向いている」と述べた。

 今後、MicrosoftはAzure上のCloud Foundryをサポートするだけでなく、Cloud Foundryの開発にも取り組む予定だ。

 Sanders氏は、「われわれはCloud FoundryとAzureの統合を拡大するつもりだ。これには、『Azure Database』(『PostgreSQL』と『MySQL』)とのバックエンド統合、『SQL Database』『Service Bus』『Cosmos DB』向けのクラウドブローカーサポートが含まれる」と説明した。さらに、MicrosoftはCloud Foundryを簡単に管理できるようにするため、Cloud Foundryのコマンドラインインターフェースを「Azure Cloud Shell」に追加する。

 ほかにも、「Azure Cloud Provider Interface」、「Azure Meta Service Broker」、「Visual Studio Team Services」プラグイン、「Microsoft Operations Management Suite Log Analytics」が追加される。

 これを10年前に予想できた人は1人もいないはずだ。しかし、それは過去の話だ。現在のMicrosoftは、ほかの企業やオープンソースソフトウェアと親密に連携している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算