編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら
ランサムウェア

ランサムウェア「GoldenEye」の感染源は会計ソフト? 未確認情報で混乱も

ZDNet Japan Staff

2017-06-28 11:09

 ウクライナなど欧州を中心に6月27日、新手のランサムウェア「GoldenEye」(Bitdefenderが命名)による大規模な感染攻撃が発生した。セキュリティ各社の初期報告によれば、5月に大規模感染を引き起こした「WannaCry」をまねた拡散手法を用いているとみられるが、感染経路などについては情報が錯綜(さくそう)している。

GoldenEyeの脅迫文''
GoldenEyeの脅迫文 提供:Bitdefender

 SymantecCisco Systemsなどは、新手のランサムウェアが2016年3月に出現した「Petya」がベースになっているとの見解を出した。被害に遭った組織では、データが暗号化されるだけでなく、コンピュータが起動できなくなるなどの特徴も報告されている。Petyaは、WindowsのMBR(マスターブートレコード)を改ざんして起動不能状態に陥れることが知られていた。

 また米セキュリティ機関のUS-CERTによれば、このランサムウェアの拡散に、WannaCryの拡散に使われたSMB v1の脆弱性を突く「EternalBlue」エクスプロイトなどの手法が使われている。US-CERTでは、Microsoftが3月にリリースしたセキュリティ更新プログラム「MS17-010」を至急適用するよう呼び掛けている。

 一方で感染経路については、4月に報告されたMicrosoft Officeの脆弱性(CVE-2017-0199)を突く不正なHTAファイルを添付したメールだとの未確認情報が飛び交う。この脆弱性攻撃をトリガーに、Windowsの正規ツールのPsExecやWMI(Windows Management Instrumentation)を悪用して、EternalBlueエクスプロイトを実行するという推測も広がった。

 これについてCiscoは、「少なくとも初期のレポートでメールの経路は確認できていない」と説明。感染源の新たな可能性に、ウクライナの会計ソフトベンダーMeDocのソフトウェア更新機能が挙げられている。MeDocは27日にウェブサイトで、「自社のサーバがウイルス攻撃を行い、謝罪する」との短いコメントを掲載した

MeDocが掲載したウイルス攻撃に関するメッセージ''
MeDocが掲載したウイルス攻撃に関するメッセージ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]