ランサムウェア

ランサムウェア「GoldenEye」の感染源は会計ソフト? 未確認情報で混乱も

ZDNet Japan Staff 2017年06月28日 11時09分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウクライナなど欧州を中心に6月27日、新手のランサムウェア「GoldenEye」(Bitdefenderが命名)による大規模な感染攻撃が発生した。セキュリティ各社の初期報告によれば、5月に大規模感染を引き起こした「WannaCry」をまねた拡散手法を用いているとみられるが、感染経路などについては情報が錯綜(さくそう)している。

GoldenEyeの脅迫文''
GoldenEyeの脅迫文 提供:Bitdefender

 SymantecCisco Systemsなどは、新手のランサムウェアが2016年3月に出現した「Petya」がベースになっているとの見解を出した。被害に遭った組織では、データが暗号化されるだけでなく、コンピュータが起動できなくなるなどの特徴も報告されている。Petyaは、WindowsのMBR(マスターブートレコード)を改ざんして起動不能状態に陥れることが知られていた。

 また米セキュリティ機関のUS-CERTによれば、このランサムウェアの拡散に、WannaCryの拡散に使われたSMB v1の脆弱性を突く「EternalBlue」エクスプロイトなどの手法が使われている。US-CERTでは、Microsoftが3月にリリースしたセキュリティ更新プログラム「MS17-010」を至急適用するよう呼び掛けている。

 一方で感染経路については、4月に報告されたMicrosoft Officeの脆弱性(CVE-2017-0199)を突く不正なHTAファイルを添付したメールだとの未確認情報が飛び交う。この脆弱性攻撃をトリガーに、Windowsの正規ツールのPsExecやWMI(Windows Management Instrumentation)を悪用して、EternalBlueエクスプロイトを実行するという推測も広がった。

 これについてCiscoは、「少なくとも初期のレポートでメールの経路は確認できていない」と説明。感染源の新たな可能性に、ウクライナの会計ソフトベンダーMeDocのソフトウェア更新機能が挙げられている。MeDocは27日にウェブサイトで、「自社のサーバがウイルス攻撃を行い、謝罪する」との短いコメントを掲載した

MeDocが掲載したウイルス攻撃に関するメッセージ''
MeDocが掲載したウイルス攻撃に関するメッセージ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算