編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

「Kubernetes 1.7」がリリース--セキュリティやストレージ、拡張性を強化

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-07-03 10:47

 「Kubernetes」はオープンソースの成長著しいコンテナ管理ツールだ。その最新版「Kubernetes 1.7」が米国時間6月29日に公開された。

Kubernetes 1.7

 このマイルストーンリリースでは、セキュリティやストレージ、拡張性が強化され、法人におけるDevOpsプログラムへの適性がさらに高められている。CoreOSでKubernetes開発の技術責任者を務めるLuis Pabón氏は同社のブログで、この新バージョンは新たな機能を追加するだけではなく、「Kubernetesの拡張性を向上させるために、より信頼性の高いコアを用いた新たなインターフェースの構築を引き続き推進している。その目標は、Kubernetesの安定した、そして豊富な機能を持つ中核システムに根ざした新たな機能を開発者が配備できるようにすることで、オンデマンドでの新機能の追加を可能にするところにある」と述べている。

 Kubernetes 1.7では、2つの新機能が追加されたことで拡張性の向上が図られている。1つ目は、実行時にAPIを集約する機能だ。これにより、パワーユーザーはKubernetes形式で事前にビルドされている、サードパーティーあるいはユーザーが作成したAPIを自らのクラスタに追加できるようになる。

 2つ目は「Container Runtime Interface」(CRI)に対する、新たなリモートプロシージャコール(RPC)の追加だ。こういったRPCを使うことで、実行環境からコンテナメトリックスを取得できるようになる。また、CRIを検証するためのテストが公開されるとともに、基本的なポッドのライフサイクル管理とイメージ管理をサポートする「containerd」とのアルファ版統合が利用可能になっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]