編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

Raspberry Piのライバル、小型で低価格の「NanoPi NEO Plus2」--25ドル

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-07-05 11:51

 シングルボードコンピュータ「NanoPi」のメーカーFriendlyARMが、「NanoPi NEO Plus2」を25ドルで発売している。

 この製品は最近発売された「NanoPi NEO2」の上位バージョンだ。NEO2は価格が15ドルのクッキーサイズ(40mm×40mm)のシングルボードコンピュータで、クアッドコアの64ビットCortex-A53 ARMプロセッサ「Allwinner H5」、512MバイトのRAM、USBポート×1を搭載している。

 それに対し、NanoPi NEO Plus2のサイズはわずかに大きい52mm×40mmで、2つのUSBポートを持っている。プロセッサはNeo 2と同じAllwinner H5だが、RAMは1Gバイトで、8GバイトのeMMCストレージを搭載している。

 NEO Plus2は仕様の上では「Raspberry Pi 3」を上回っている部分もあり、ストレージ容量も大きく、ギガビットイーサネットを利用できる上に、価格は10ドルも安い。

 また同ボードは、電源入力用のmicroUSBポートと拡張ストレージ用のmicroSDカードスロットを備えており、Wi-FiとBluetoothが内蔵されている。

 NEO Plus2のwikiページによれば、このシングルボードコンピュータは「高速・高スループットのデータ送信とハイパフォーマンスコンピューティング」が可能な、コンパクトなデバイスを必要とするIoTの用途にも適しているという。

 このデバイスは「UbuntuCore 16.04」に対応するほか、「Debian」をサポートしており、同社の「NanoPi NAS Dock」を使用できるとFriendlyARMは述べている。

 ただし、CNXSoftが記事で指摘しているとおり、8Gバイトのストレージに使用されているのは、サムスンの最廉価版eMMCフラッシュメモリで、用途によっては性能が不足する可能性がある。

 同社は29ドルの基本キットも販売している。このキットには、microUSBケーブル、ヒートシンク、アクリルケースなどが付属している。

NanoPi NEO Plus2
NanoPi NEO Plus2の仕様は、多くの点で15ドルのNanoPi NEO 2を上回っている。
提供:FriendlyARM

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  2. 運用管理

    ノーツを蘇らせた老舗メーカーの取り組み―Nomadの活用で働き方が変わり生産性・従業員満足度が向上

  3. 経営

    二人の先駆者が語る経営×IT--デジタル活用・DX推進のリーダーが握る企業競争力

  4. 経営

    3人の識者による金言・アドバイス--時代に負けない骨太な組織作りへの道

  5. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]