編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

マイクロソフト、「Workplace Analytics」リリース--組織分析で生産性向上促す

ZDNet Japan Staff

2017-07-07 11:03

 Microsoftは米国時間7月5日、組織の活動状況から生産性を分析するサービス「Workplace Analytics」をリリースした。分析には「Office 365」から得られるメタデータが使用される。

 Microsoftが調査会社のForresterに依頼して実施した調査によれば、大半の企業幹部が従業員の生産性向上を今後1年間の最優先事項と考えていることが明らかになったという。このサービスの狙いは、Office 365のデータを分析することで得られた知見を、組織の生産性向上に結びつけることにある。

 同サービスは、法人向けOffice 365のアドオンとして提供される。このサービスでは、発信者や宛先、件名、タイムスタンプなどを含む、Office 365の電子メールやカレンダーから得られるメタデータを分析して、組織内の連携や時間の使い方に関する知見を得る。Microsoftによれば、組織に求められているプライバシーやコンプライアンスのニーズに基づいて、使用されるデータの集約度や個人を特定できる情報などの除外のレベルをコントロールでき、表示されるデータの詳細度も、利用者の役割や顧客の設定によって変えることができる。

 Microsoftは2016年に、カレンダーや電子メール、作成した文書、SkypeなどのOffice 365の利用データから、個人の生産性を把握できるサービス「MyAnalytics」をリリースしている。MyAnalyticsでは、従業員が自分の情報を見ることはできたが、管理職が部下の情報を見ることはできなかった。今回のリリースされたWorkplace Analyticsでは、それが可能になったことになる。

 同社は、Workplace Analyticsの活用例をいくつか挙げている。例えばあるFortune 500企業の営業部門では、業績がよい担当者のコラボレーションのパターンを分析し、それを部門全体に広げることで売上が大きく伸びたという。分析の際には、顧客に費やした時間などの分かりやすい指標だけでなく、担当者の人的ネットワークのサイズなどの、従来はあまり顧みられなかった情報も使われた。

 また不動産会社のCBREでは、従業員のカレンダーに記録されたメタデータから、ミーティングに関連する移動時間を計算した。再配置によって、各従業員のミーティングへの移動時間を46%減らし、取り組みの対象となった従業員1200人の合計で、週100時間を節約できるようになったという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]