編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

グーグル、中国の認証局WoSignの証明書を拒否へ--「Chrome 61」から

Charlie Osborne (CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 高橋朋子 (ガリレオ)

2017-07-11 10:52

 Googleが「Google Chrome 61」のリリースをもって、中国の認証局(CA)であるWoSignとその子会社StartComが発行するデジタル証明書への信頼を取り消すと警告している。

 「Google Chrome」のセキュリティエンジニアDevon O'Brien氏による「Google Groups」への投稿によると、「CAに期待される高い水準を維持していない」とする「数件の事例」に両社が関与していたため、ChromeはすでにWoSignおよびStartComへの信頼を段階的に取り消しつつあり、現在は2016年10月21日以前に発行された証明書のみ信頼しているという。

 Googleはさらに今後数カ月以内には、両社が発行するすべての証明書に対して完全に信頼を取り消す意向だ。

 Chrome開発チームはすでに、Alexaの上位100万サイトに基づくホスト名のホワイトリストに従って信頼対象を限定しており、このリストはChromeがリリースを重ねるごとに絞り込まれている。

 そしてChrome 61が正式リリースされる際には、WoSignとStartComによる既存のルート証明書、および両社が発行したすべての証明書への信頼が完全に取り消される。

 「Chrome 61以降、ホワイトリストは削除され、WoSignとStartComの既存のルート証明書とすべての発行済み証明書への信頼が完全に取り消される」とO'Brien氏は述べている。「StartComまたはWoSign発行の証明書を今も利用しているサイトは、Chromeユーザーの混乱を最小限にするため、緊急にこれら証明書の差し替えを検討すべきだ」

 Mozillaもまた、2017年1月にリリースした「Firefox 51」以降、WoSignとStartComが署名した新規の証明書を信頼しない意向を明らかにしている。


提供:Malwarebytes

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]