編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
企業決算

IBMの第2四半期、売上高が予想下回る

Stephanie Condon (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2017-07-19 11:52

 IBMは米国時間7月18日、第2四半期決算を発表した。利益は市場の予測を上回ったが、売上高は予想を下回った。

 非GAAPに基づく純利益は前年同期比2%減の28億ドル、1株あたり利益は2.97ドルだった。前年同期の1株あたり利益は2.95ドルだった。売上高は192億9000万ドルで、前年同期の202億ドルから減収となった。

 アナリストらの予測は1株あたり利益が2.75ドル、売上高が195億ドルだった。

IBM Q2

 シニアバイスプレジデント兼最高財務責任者(CFO)のMartin Schroeter氏は声明で、フリーキャッシュフローが堅調であることから、研究開発への強気の投資レベルを維持できると述べた。また、配当金や株式買い戻しを通じて2017年上半期に50億ドル以上を株主に還元したという。

 アナリティクスやクラウドコンピューティングなどを含む「戦略分野」への投資は、前年同期比7%増(通貨調整後)となる88億ドルの売り上げをもたらした。戦略分野の過去12カ月の売上高は、11%(通貨調整後は12%)増の341億ドルとなった。総売上高に占める比率は43%という。

 IBMのレガシー事業は先細りしていることから、投資家は戦略分野が利益を生み始めることに期待してきた。

 クラウド事業の売上高は前年同期比17%増の39億ドルとなった(通貨調整後)。

 Schroeter氏は同日の電話会議で、Lloyds Banking Groupとの10年契約など、クラウド市場での成果にも触れた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]